ユダヤ人のお金に対する考え方が凄い【秘密を暴露】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あなたは「ユダヤ人」という人種を知っていますか?

歴史の教科書で少し学んだという意見がほとんどのユダヤ人。

実はユダヤ人には、お金持ちが非常に多いのです!

今回はユダヤ人のお金に対する考え方を曝露していこうと思います!

あなたが知っている有名人、実はその人ユダヤ人かも知れませんよ?

ユダヤ人にお金持ちが多いのには秘密があるはず?

あなたは有名なユダヤ人と聞いて、誰を思い浮かべますか?

おそらく、ほとんどの人はパッと出てこないと思います。

ユダヤ人の有名人には、映画界の巨匠「スティーブン・スピルバーク」やGoogleの創設者「ラリー・ペイジ」など、様々なお金持ちや著名人がいます!

ここまで有名人やお金持ちが多いことには、何か秘密があるはず。

そう考えているそこのあなた、鋭いですね。

ユダヤ人にお金持ちが多いことには、きちんと理由があります!

それではさっそく、その秘密を解き明かしていきましょう!

ユダヤ人のお金に対する凄い考え方1「お金は道具として扱う」

日本人の多くはお金のことを「卑しい物」だと捉えます。

しかし、「ユダヤ格言集」によるとユダヤ人はお金のことを「良い物」とも「悪い物」とも思いません。できるだけ多く持っていた方がいいが、讃える物という認識は持たないのです。

畑を耕すためには桑が必要なように、お金を稼ぐためにはお金が必要です。

一般的にお金のことを下品な物と捉えがちな日本人とは違い、ユダヤ人はあくまでも生活を豊かにする道具として扱います。

ただの道具に蔑むことは、無駄であることを知っているのがユダヤ人の特徴です。

私もこの考え方に感銘を受け、最近はお金のことを蔑むことはやめました。

そうすることによって、最近はお金がさらに増えてきているような気がします。

ユダヤ人のお金に対する凄い考え方2「価値のあるものにしかお金は使わない」

貧乏な人は「自分へのご褒美」として、お金を使う傾向があります。

しかし、こちらも「ユダヤ格言集」によると、ユダヤ人は「自分には必要のないもの」に対しては、一銭も使わないのです。

自分へのご褒美など、存在しません。

ユダヤ人は価値のある物にだけ、お金を使うのです。

感情に身を任せてお金を使うことはせず、価値のある物が現れるまで待つのです。

そして、自分の価値ある物が現れたとき、惜しみなくお金を使うのです。

価値ある物に対しても躊躇してしまいがちな日本人とは、大きく違いますね。

私も最近はグッと自分を抑え、自分にとって価値のある物だけを買うようにしていますが、効果は絶大です。

不必要な物は買わず、必要な物だけを買う。それだけですが、お金は着々と貯まります。

ユダヤ人のお金に対する凄い考え方3「投資を積極的に行う」

成功しているユダヤ人の多くは「投資」を行っています。

日本人はお金を失うリスクを考え、投資をあまり行わない傾向にあります。

しかし、「ユダヤ格言集」によると成功しているユダヤ人は給料の10パーセントもの投資を行っているのです。

「お金持ちのユダヤ人だけが給料の10パーセントを投資に回している」とお考えのあなた、それは過ちです。

多くのユダヤ人は、給料の少ない頃から投資を始めています。

投資をすると今はお金が減るかも知れませんが、後々大きな糧になるということを知っているのです。

私も今はまだ投資はしていませんが、将来的に投資は考えています。

どこに投資するか、それを考えるだけでもユダヤ人の思考に近づいている気がします。

まとめ

日本人にとっては目から鱗な考え方を持っているユダヤ人。

あなたもこの記事を読んで、驚いたことが多いと思います。

今すぐに実行できることは少ないかも知れませんが、この記事に載っていることを一つでも実現すれば、あなたもお金持ちの仲間入りができるかもしれません!

私はとりあえず、投資をしてみようと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です