お金が貯まる人と貯まらない人の違い【実はコレだけ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あなたはお金が貯まる人ですか?それとも貯まらない人でしょうか?

お金が貯まる、それは魅力的なことです。

しかし、多くの人にとってはお金が貯まることはなく、お金はどんどん消えていく物。

今回はお金が貯まる人と貯まらない人の違いを3選紹介します!!

お金が貯まる人と貯まらない人、その違いは一体何なのでしょうか。

お金が貯まらない人たちは、どうすればお金を貯めることが出来るのでしょうか。

お金が貯まらない人には必見の記事です!!

お金が貯まる人と貯まらない人とは

この世には二種類の人がいます。

それはお金が貯まる人と、貯まらない人。

おそらく多くの人はお金が貯まらない人だと思います。

給料が低い、欲しい物が多すぎる、生活費が高すぎる。

理由は様々だと思いますが、世の中には上記の条件を満たしてもお金が貯まる人もいます。

世の中には非常に悪状況でも、お金が貯まる人だっています。

では、お金が貯まる人と貯まらない人とは何が違うんでしょうか。

お金が貯まる人と貯まらない人の違い1~目的を持って貯金をしている~

お金が貯まる人は目的を持って貯金をしています。

家のローンを支払う、何歳までにどれくらい貯める。などなど、目的を持って貯金を行う方々がほとんどです。

目的を持って貯金をすると、何か欲しいものが現れた際に自分を律することができ、貯金を崩すことがありません。

一方、お金が貯まらない人は目的を持って貯金をせず、“貯金をする”ことが目的になっています。

だらだらと貯金をすると、自分を律していないので何か欲しいものが現れたときなどに衝動的に貯金を崩してしまうことがあります。

そうなると貯金が崩れていき、最終的に貯めるべき貯金がなくなってしまうのです。

私も最近は家のローンを支払うために貯金をしているのですが、やはり目的を持って貯金をすると欲しいものを前にしても自分を律することができます。

お金が貯まる人と貯まらない人の違い2~買い物をまとめる~

あなたは買い物をするとき、買う物を事前に決めていますか?

お金が貯まる人は買い物をするとき、事前に購入する物を決めています。

例えばカレーライスを作るときなどは、まず冷蔵庫を確認して何が足りないかを確認し、メモ帳などに必要なものを列挙します。そして、購入する物を無駄なく決めることによって、無駄な支出を抑えることが出来ます。

お金が貯まらない人は購入する物が決まっていない場合が多いです。

事前にどんなものを作るかなどは決まっていても冷蔵庫の中身などを確認しないため、購入した物が重複してしまうことがあります。

私も購入する物を事前に決めることで、最近はお金の無駄が減りました!!

お金が貯まる人と貯まらない人の違い3~交際費は使おう~

お金が貯まらない人の多くが勘違いしている点、それが「交際費」です。

お金が貯まらない人は交際費を邪険に扱うことが多く、会社の飲み会などに回すお金を貯金に回します。

しかし、お金が貯まる人は積極的に飲み会などに参加することが多いです。

その理由は、お金が貯まる人の考え方にあります。

お金が貯まる人は、交際費を「将来への投資」と考えています。

「飲み会に参加すればみんなから好かれて有益な情報を得られるかもしれない。そのためならば、飲み会の参加費など安い物だ」と、お金が貯まる人は考えているのです。

もちろん、これは人や会社によって違うかもしれませんが、交際を怠っている人は今度、飲み会に参加してはいかがでしょうか? そこにお金の貯まる秘訣があるかも知れませんよ。

まとめ

お金が貯まる人はお金を使うべきところや、使わない方がいいところの見極めが上手な人が多いです。

貯金はしっかりと行いつつ、使うべきところでは使う。

そういった人が、お金の貯まる人です。

あなたもこちらの記事を参考にしつつ、「お金の貯まる人」を目指してみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です