イチロー選手の引退記者会見を全文で【速報!動画も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




2019年3月21日、マリナーズ対アスレチックスの開幕戦第二試合の終了後にイチロー選手が試合後に「第一線を退く」ことについての記者会見をすることを発表。

試合後に正式に現役引退を発表。

そこで会見内容を全文で速報していきます!

イチロー選手とは?経歴をおさらい

View this post on Instagram

MLB Japanさん(@mlbjapan)がシェアした投稿

本名:鈴木一朗(すずき いちろう)

高校:愛工大名電

経歴:オリックス⇒マリナーズ⇒ヤンキース⇒マーリンズ⇒マリナーズ

日本最高峰の野球選手、そして、世界にその名を轟かせてきたイチロー選手。

「残念という気持ち、本当におつかれさま」という気持ちという事を元マリナーズの長谷川投手もテレビで話されていましたが、僕も同じ気持ちです。

50歳まで現役という事を話されていたので残念という反面、僕が生まれた平成4年から現在までプロ野球選手として全うされてきたという偉大な選手生活にお疲れ様ですという気持ちもいっぱいですね。

引退に伴うマリナーズのツイッターでのイチロー選手

マリナーズのツイッター公式アカウントでイチロー選手の第一声が表明されました。

つたない訳ですが、

日本とメジャーリーグの両方で野球に関する多くの夢を叶えてきました。

私がメジャーリーガーとしてのキャリアをはじめたマリナーズの一員として、キャリアを終えることを光栄に思います。

最後に試合が母国である日本だということはとてもふさわしいと思う。

このような内容ですね!

イチロー選手の引退記者会見を全文で速報!動画あり

youtubeで生配信で動画が配信されていましたので、掲載!

会見が始まり次第、追記していきます!

こんなにいるの?

びっくりするは

この遅い時間にお集まり頂いてありがとうございます!

今日のゲームを最後に

日本で9年

アメリカで19年に突入したところだったのですが

現役生活に終止符を打ち、引退することを

大変幸せに感じています

この28年を振り返るにはあまりにも長い時間だったので、ここで1つ1つを振り返るのは難しいということもあって、

ここではこれまで応援して頂いた方々への感謝の思い

そして、球団関係者そして、チームメイトに感謝を申し上げて、

皆様からの質問があれば出来る限りお答えしたいと思っています

ー現役生活のタイミングと理由

キャンプ終盤

日本に戻ってくる何日前ですかねぇ

何日前とはっきりおつたえできないのですがキャンプ終盤

元々、日本でプレーするところまでが

契約上の予定だったのですが

キャンプ終盤でも結果を出すことができず

それを覆す事ができなかった

今日のあの球場での出来事

あんなものをみせられたら

後悔などあろうはずもありません

もちろん、もっとできたことはあるとおもうが、

結果を残すために自分なりに重ねてきたこと

人より頑張ったことは

自分なりに頑張ってきたということは言えるので

これを重ねてきて、

重ねることでしか後悔を産まないということはできないのではないかとおもいます

ーメッセージ

自分が熱中できるもの

夢中になれるものを見つけられれば

それにエネルギーを注げられるので

それを早く見つけてほしいとおもいます

それが見つかれば自分の前に立ちはだかる壁にも

立ち向かえるとおもいます

それが見つからなければ壁が

自分に向くか向かないかというよりも

ー印象に残っているシーン

この後、時間が立ったら、今日のことが浮かぶのが間違いないと思う

それを除くとすれば色々な記録に

ー先程、沢山のファンの方に

イチメーターで知られるエイミーさん

ファンのソン・ジアはイチロー選手にとっていかがでしょうか?

ゲーム後に

19年目でアメリカで迎えていたんですけど、

なかなか日本のファンの方の熱量を普段かんじることは難しいんですね

でも東京ドームで

ゲームは基本的に静かに進んでいくんですけど、

なんとなく日本の方は

表現することが苦手という印象があるんですけど

それが完全に覆りましたね

内側に熱い想いがある

ですから、

これはもっとも特別な瞬間

自分のためにプレーすることが

見てくれている人のためになるかと思っていたが

ニューヨークにいったくらいから

人に喜んでもらえることが

1番の喜びになってきた

その点ではファンなしには。

ーイチロー選手がつらぬいたもの、つらぬけたものなんでしょう?

無言

野球のことを愛したことだとおもいます

これは変わることはなかったですね

・・・おかしなこと言ってます?僕。

グリフィーが肩の

子供の頃からプロ野球選手

最初の2年。

一軍と二軍を行ったり来たり。

そういう状態でやっている野球は結構、楽しかった。

力以上の評価をされるというのはとても苦しい

ーこの開幕シリーズを大きなギフトとおっしゃっていました

私達の方がギフトをもらった

これから私達にどんなギフトをくれるのでしょうか

そんなものはないですよ笑

無茶言わないでくださいよ笑

いまこの状況が信じられない

球場に残ってくれて、そうしないけど、死んでも良いという気持ちはこういうときなのかなとおもいます。

最低50歳までは現役

日本でもう一度もどってきてプロ野球でやるという選択肢はイチロー選手の中には無かったのでしょうか

無かったですね

それはここでは言えないなぁ

最低50までって本当に思っていたし、

それが叶わずで有言不実行になってしまいましたが、

その発言をしていなければ、ここまで来ることは難しかったなとおもいます

言葉にして表現することは

目標に近づく1つの方法ではなかったかなとおもってます

ーこれまで膨大な時間を野球、

いまはわからない

明日もトレーニングをしている

じっとしていられないから

ゆっくりしたいとかは全然ない

生き様というのはわからないけど、

生き方と考えれば、

人より頑張るなんてことはとても出来ない

あくまで測りは自分の中にある

それで自分なりにちょっと超えていく

それを繰り返していく

引退の二文字がよぎった

クビになるんじゃないかっていう気持ちが毎日

ニューヨーク、マイアミで。

ニューヨークもマイアミも特殊な場所

毎日、そんなメンタリティで過ごしていた

イチロー選手の引退についてマリナーズの同僚、菊池雄星選手は

イチロー選手の今後は?マリナーズでコーチや監督のサポートをするの?

昨年は選手復帰に向けたトレーニングをしながらマリナーズのサポートをしていたイチロー選手。

今後はどういった立場、キャリアを歩まれていかれるのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です