柳井正(ユニクロ社長)の自宅,経歴,年収がスゴイ!日本一の資産家の息子や名言も!【日本長者番付1位のお金持ち】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧いただきありがとうございます!

今回は、株式会社ファーストリテイリングの社長、柳井正さんをご紹介いたします。

ファーストリテイリングといえば、ユニクロが代表的なブランドですね。

そんな柳井正さんは、どのようにして会社を作り上げてきたのか、そして現在はいくらぐらいの年収、資産を保有しているのかをご紹介いたします。
スポンサーリンク




柳井正(ユニクロ社長)さんの経歴とプロフィールは失敗続き?その出自は韓国?在日?【日本長者番付1位のお金持ち】

5016-1393918569

出典:http://www.expofashionmagazine.com/

柳井正さんは、1949年に山口県で生まれたところから経歴は始まります。

父は事業を営んでいましたが、なんと時には地元のやくざ(!)と手を組んでしまうほどの豪胆な人でした。

ですが、本人は逆に内気な人間だったそうです。

子供の頃から頭は良かったようで、大学は東京の早稲田大学政治経済学部に入学しています。

その後、父の勧めもあってイオングループ(当時はジャスコ)に入社します。

…きっと、内気な性格では父親のいう事には逆らえなかったのでしょうね。

こうして社会人としての経歴が始まりましたが、もしかしたら、嫌々入ったのかもしれないイオン。

なんと、わずか9か月の早さで退職してしまいます

比較的、転職が身近になった今でも、新卒9か月で退社というのは少し心配になってしまいますよね。

それでも、今は日本を代表する経営者になっているのですから、人間というのはわからないものです。

その後は、父親が経営していたメンズショップ・小郡商事株式会社に入社します。

この小群商事株式会社が、その後のユニクロへと発展していくことになるのですが、当時はまだ地域の一企業でした。

また、柳井正さん自身も、頭は良かったとはいえ当時はまだ社会人二年目です。

しかも新卒で入った会社を9か月で辞めてしまっている訳ですから、頼りない面も多かったことでしょう。

それでも何とかしがみつき、12年間、働き続けます。

その過程で柳井正さんを大きく成長させたのであろうことは、想像に難くありませんよね。

こうして一生懸命に働き続けた柳井正さんは、1984年、35歳の時に会社を受け継ぎます。

当時、競合店ではAOKIや洋服の青山が勢力を伸ばしてきていました。

その為、柳井正さんは、カジュアル衣料に手を出すようになります。

そして、その第一号店を広島に出すことになります。

この店舗こそがユニクロであり、ユニクロブランドの経歴はここからスタートします。

その後、多角化による事業の失敗等も経験しながらも、ヒートテックなどのヒット商品を開発し、一躍アパレル界で頭角を現すようになりました。

ところで、あなたはこのユニクロの語源ってご存知ですか?

実は、「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」を略してユニクロとしています。

ユニークは独自。

クロージングはアパレル用語で衣類。

ウェアハウスは倉庫。

つまり直訳すると…独自(の)衣類(が集まる)倉庫!!

ユニクロにそんな意味があったなんて衝撃的ですね。

確かにユニクロは基本的に独自の製造方法を用いてブランドを構築しています。

そういう意味では独自の衣類が集まる場所(倉庫)という事では間違っていないのでしょう。

また、当時のCMも非常に個性的です。

もし興味のある方はご覧になってみてください。

その他、柳井正さんには韓国人ではないか、在日ではないのかという噂が一時期流れたことがありました。

発端は尖閣諸島問題に始まる中国のデモ活動に因ります。

当時、日本の企業が襲われ、多くの被害を出しました。

その中で、ユニクロのショーウィンドウには「尖閣諸島は中国のものです」と張り紙が貼られていたのです。

また、柳井正さんは中国や韓国人スタッフの雇用を拡大していくと発言したこともありました。

これを受けて、ネットを中心に韓国人ではないか、在日ではないのかと噂が広がったという訳です。

ポジティブに考えれば、中国は商品を護る為にとりあえずそのような張り紙をしたという考え方もあるかと思います。

また、今後日本は少子高齢化が進み、働き手が減って行くことが予想されています。

その対処の為に、先だって外国人を雇う事を宣言したとも捉える事はできるかもしれません。

ただ、タイミングが悪かったという印象は拭えないかもしれません。

また、雇用に対して少々過激な発言も見受けられます。

今後、どのような対応をしていくのかが注目ですね。
スポンサーリンク



柳井正(ユニクロ社長)は年収は?資産は日本一を達成も!【日本長者番付1位のお金持ち】

shutterstock_152105888

さて、新たなブランドを構築してから一気に成長を遂げた柳井正さん。

今や当代きっての経営者ですから、年収や資産が気になるところですよね。

まずは年収ですが、実はファーストリテイリングはランク別の年収をHP内で公開しています。

それによると、なんと最も上のK-4ランクは2億4,000万円もの金額になっています!

ちなみに、年齢も載っているのですがK-4は66歳となっています。

他は○歳~○歳となっているのにここだけ固定です。

そして柳井正さんは1949年生まれで2017年の時点で66歳

これって、そういう事ですよね!

ついでに言うと、ボーナス込ですが一番下の等級でも年収で400万円近くになるのですね。

しかも、家賃補助は50%つくという厚遇ぶり。

仕事がきついとは言われますが、アパレル業界としては比較的高給といえるのではないでしょうか。

また、配当金だけでもなんと60億円は超えているようです。

その他にもあるとしたら、やはり100億円近くになるのではないでしょうか。

年間出勤日数が240日だったとして、時給500万円です。

平均的なサラリーマンの年収を一時間で稼ぐ…と言われると溜息がでてしまいますね。

続いて資産ですが、これはアメリカフォーブス誌に数字が掲載されています。

それによると、2016年3月時点で146億ドル、日本円にすると…1兆8,000億円となります!

これは堂々日本一位です。

(2017年版はもしかするとソフトバンクの孫正義さんに抜かされているかもしれません。)

とにかく日本における大富豪、日本一のお金持ちといえば、柳井正さんといって間違いなさそうです。

柳井正(ユニクロ社長)の息子や妻はどんな人?【日本長者番付1位のお金持ち】

c0wtuj65sz

柳井正さんは、現在四人家族です。

奥さんの名前は公表されていませんが、過去には通訳を行っていました。

結婚当時は旦那より稼ぎが良かったそうです。

もしかしたら、柳井正さんは内心煮えたぎる思いがあったのかもしれませんね。

だからこそ、一生懸命に働いたのかもしれません。

また、息子が二人います。

この二人も優秀で、長男は世界最高峰の企業、ゴールドマンサックスに入社後、アメリカのアパレル企業を経てファーストリテイリングの執行役員に就任しています。

また次男も、三菱商事に入社後に海外赴任を経てファーストリテイリングに入社、現在は執行役員に就任しています。

以上のように、一家そろって優秀な家系といえます。

もちろん、これは幼少期からしっかりと教育を行っていたという事もあるのでしょう。

今、子供の教育格差も問題になってきております。

こうした問題にも、今後日本は向き合っていかなければいけないのと同時に、自分事として考えなければいけないかもしれません。
スポンサーリンク



柳井正(ユニクロ社長)の自宅や住所がすごい!豪邸がそびえる場所とは?【日本長者番付1位のお金持ち】

プロフィール

それでは次は、柳井正さんの自宅を見てみたいと思います。

一時ツイッターでも話題になりましたが、柳井正さんの自宅は代々木上原にあります。

今回調べた限り、住所まではわかりませんでした。

ですが非常に広大な敷地となっており、中にはテニス場があり、またお手伝いさんの為の離れも用意されているようです。

代々木上原といえば坪単価が300万円を超え、場所によっては400万円にもなります。

そうした場所で広大な土地を持っている訳ですから、さすが世界レベルの大富豪、といったところでしょうか。

柳井正(ユニクロ社長)さんの名言【日本長者番付1位のお金持ち】

ryklc0oeql

これだけの大物ですから、名言も数多くあります。

その中でも特に印象的な名言をご紹介します。

これから問われるのは、自分の頭で判断して、決めること。周りの空気、隣の人の行動に左右されるなんてことは情けないことだ。

出典:http://systemincome.com/

この言葉は、学歴に関係なくはっとする言葉ではないでしょうか。

多くの人は、自分で考えているつもりでも、意外と考えられていないことが多いものです。

その根底には、「自分はできている」という思いがあるからなんですよね。

だから、本当の「考える」が理解できていないことが多い。

別の言葉で、「立場が人を成長させる」という言葉もありますが、立場がかわって初めて自分はできていなかったんだと気づく人が殆どです。

ですから、まずは自分で考え、何が足りていないのか、そもそも何を考えなければいけないのかということを考えることから初めてみる事も大切かも知れません。

柳井正(ユニクロ社長)の経歴や年収のまとめ【日本長者番付1位のお金持ち】

logo_uniqlo

出典:https://www.fastretailing.com/

いかがでしたでしょうか。

日本最大の資産家、柳井正さんが社会人としての経歴を歩み始めたばかりでいきなり躓いているとは思いませんでした。

ですが、だからこそ勇気を与えられる人もいるのではないでしょうか。

成功する人は、自信がなくても、まずはやってみるという事が求められるのかもしれませんね。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です