有吉ジャポンすしざんまい木村清社長のどん底飯は「くみあいラーメン」経歴wiki風プロフも!

今回は2016年11月4日(金)の有吉ジャポンの新企画「社長のどん底飯」に出演されたすしざんまい木村清社長のどん底飯についてご紹介します!

その前に、有吉ジャポンの新企画「社長のどん底飯」がどんな企画なのかと、それに出演されていたすしざんまいの木村清社長の経歴について簡単にご紹介していきます!
スポンサーリンク




有吉ジャポン「社長のどん底飯」とは??

arijapo_b

画像引用元:http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/arijapo/164.html

有吉ジャポンの「社長のどん底飯」とは、今回から始まった新企画です!

今、成功者となった木村清社長が成功する前の空腹どん底時代に味わった人生最高の味を紹介するという企画です!

私も番組を見ましたが、なかなか新鮮で面白かったです!

成功者の華やかな生活を特集した企画はたくさんありますが、成功する前に注目した企画の方は割りと少ないので、良い企画だなぁーと思いながら見てました!

今、こんなに成功している人にも、こんな辛い時期があったんだと知ると、なんだか親近感がわいてきますよね!

そして、自分ももっとがんばろーと思いました。笑

あなたは、今や超有名すし店となった「すしざんまい」の木村清社長がどんな、どん底飯を食べていたと思いますか??

「社長のどん底飯」出演、すしざんまい木村清の経歴!wiki風プロフ!

kimurakiyoshi

画像引用元:http://news.ameba.jp/20160730-370/

冒頭、ご紹介した通り2016年11月4日(金)の有吉ジャポンの新企画「社長のどん底飯」にすしざんまいの木村清社長が登場されました。

すしざんまいと言えば超有名すしチェーン店ですよね!

あなたもご存知なのではないでしょうか?

そんな、すしざんまいの社長さんのお名前は、木村清さん

1952年4月19日生まれの64歳。

千葉県野田市のご出身です。

テレビCMやテレビ番組に出演している事も多いので、顔を見たことがあるという方も多いと思います。

というか、見れば絶対わかると思います!

CMでの存在感もかなり大きめですので!笑

両手を広げていて、存在感と同じくちょっと大きめのお顔でニッコリと素敵な笑顔のあの方です!!

sushizanmai

今や超有名すし店となった「すしざんまい」!

会社規模も大きく、かなり儲かっているのではないでしょうか??

調べてみた所、実は、すしざんまいというのは会社名ではありませんでした。

株式会社喜代村の主力事業がすしざんまいの経営という事のようです!

もちろん、株式会社喜代村の社長は木村清さんです。

会社の売上高は260億円!

従業員数は1500人にも登ります。

すしざんまいの店舗は日本全国に50店舗もあります。

木村清さんが成功されている社長さんである事に変わりはありませんね!

今でこそ、誰もが名を知る「すしざんまい」を立ち上げ、大企業の社長さんとなった木村清さんですがその経歴を見ると、何度か夢を諦め順風満帆というわけでは無かったようです。

少し時代をさかのぼって1967年。

スポンサーリンク



中学校を卒業した木村清さんの夢は「F104」のパイロットになること!

いまでは「F104」のパイロットを夢見る子はあまりいないでしょうね。

私が子供の時もいませんでした。

ですが1967年当時は、父親がパイロットだった方も結構いたと思います。

なのでパイロットを夢見る子供は多かったのかもしれませんね。

しかし、残念ながら木村清さんのパイロットになるという夢が叶う事はありませんでした。

航空自衛隊に入って、辛い訓練に耐え操縦士免許まで取得。

さぁこれからというところで事故で目を悪くしてしまい、パイロットの夢を諦める事になってしまいます。

幼い学生時代からの夢を諦める瞬間が個人的には一番辛い経験だと思います。

その辛い経験を乗り越え、木村清さんは司法試験合格を目指すことに。

tyuoudaigaku

画像引用元:http://yukikoayres.com/?p=920&lang=ja

そして法学部が伝統的に優秀である事で有名な中央大学法学部に入学。

1次の択一試験の方には2年で合格して大学を卒業します。

ですが、卒業後、いくつかの仕事を転々とするうちに結局、司法試験合格も断念。

しかし、ここで後に、すしざんまい開店につながる出来事が起きます。

それは新洋商事への入社です。

新洋商事とは、大洋漁業(現在のマルハニチロ)の子会社です。

ここで木村清さんは、持ち前のコミュニケーション力を大きく発揮。

築地市場に多くの取引先を持つ魚の仲買人として成果をあげます。

そして、新洋商事入社から5年後の1979年6月。

木村清さん27歳の時、独立をして木村商店を創業します。

なんだもう成功かよ、どん底時代短いなぁと思ったあなた。

実は木村清さんの現在の成功まではもう少しかかります。

木村商店では弁当屋、カラオケボックスなどを経営。

1985年に喜代村を設立します。

しかし、ここでまたもや木村清さんの成功を阻む出来事が起きてしまいます。

1990年代始めに襲った「バブル崩壊」です。

全ての事業を清算する事になってしまいます。

baburuhoukai

出典:http://estatebooks.jp/3741

ですが、まだまだ木村清さんは立ち上がり続けます!

成功まであとわずか!!

スポンサーリンク



事業清算後の1997年7月、木村清さんが45歳の時。

手元に残った300万円と新洋商事時代に築き上げた元取引先とのコネを武器にしてお寿司屋さん「喜よ寿司」をオープンします。

そして、2001年4月18日、49歳の誕生日前日。

すしざんまい本店を築地場外にオープン!

日本初の年中無休、24時間営業のお寿司屋さんとなりました。

すしざんまいではマグロが安く大人気に!

炙りトロもすしざんまい発祥との事!

そして、まぐろ解体パフォーマンスや、木村清さんのメディア出演などの力もあり、現在の成功に至るというわけです。

いかがでしたでしょうか。

かなり苦労があったと思います。挫折も沢山、経験されてきていますね。

それでも何度も立ち上がって今、すしざんまいの社長さんとして大成功を納められている木村清さん。

そんな木村清さんが成功を納める前の人生最高の味とは一体なんだったのでしょうか。

すしざんまい木村清の社長のどん底飯は「くみあいラーメン」

kumiaira-men

画像引用元:http://ameblo.jp/koukasound/entry-11464891493.html

おまたせ致しました!!

すしざんまいの社長、木村清さんの「社長のどん底飯」を発表します!!

木村清さんが、司法試験を受けるためのアルバイト代を稼ぐために住んでいた新宿百人町で成功する前に食べていたという思い出の味。

それは、「くみあいラーメン」です!

いわゆるインスタントラーメンですね。

これを木村清さんは、一食30円で毎食のように食べていたとの事。

木村清さんの懐かしの味「くみあいラーメン」が食べられるか番組で調査したが、40年以上前の商品だったため現在は販売されていないとの事でした。

そこで、特別に再現されたものを木村清さん愛用の鍋を使って自ら調理されていました。

当時は「くみあいラーメン」に市場のお手伝いをして貰ったキャベツを入れて入れていたそうです。

本当に、苦労をされていた頃、空腹時代の味なんだなぁと感じました。

さらにご飯を入れてリゾット風くみあいラーメンの完成。

木村清さんは、どん底だったからこそ忘れられない味だと言います。

やっぱり、味にはその時の感情が左右するという事ですね!

いかがでしたでしょうか。

あなたにもどん底飯はありますか?

有吉ジャポンの新企画「社長のどん底飯」で紹介されていた、すしざんまいの木村清さんのどん底飯紹介は以上となります。

苦労した成功者といえば、ZARAの創業者の方も同じです。

ZARA創業者アマンシオ・オルテガの経歴!年収,自宅,娘は?

良かったら見てみてください。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です