東海林弘靖(ライトデザイン社長)のプロフィール,経歴,代表作,照明デザイナーの年収は?【プロフェッショナル】

2016年12月5日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演の東海林弘靖さんについてご紹介していきます。

東海林弘靖さんってどんな人なの?

経歴や代表作品は?年収てどのくらいなの?

このあたりについて迫っていきます!
スポンサーリンク




東海林弘靖のwiki風プロフィール!出身、学歴、経歴

出典:https://www.facebook.com/

出典:https://www.facebook.com/

東海林弘靖(しょうじ ひろやす)さんは、1958年生まれ。

福島県のご出身で現在58歳です。

出身高校は福島高等学校。

工学院大学・大学院建築学専攻修士課程を卒業されています。

お仕事は照明デザイナー

東海林弘靖さんは、この照明デザイナーとして世界的に高い評価を受けています。

ところで、あなたは照明デザイナーという仕事をご存知でしたか?

私は初めて聞く職業でした。

調べてみたところ、照明デザイナーという仕事は大きく3つにわかれるようです。

まずは、舞台やテレビ、スタジオの照明に携わる仕事。

次に、照明器具のデザインをする仕事。

最後に都市空間や建築空間の照明をデザインをする仕事

東海林弘靖さんの仕事は、最後のやつですね。

東海林弘靖さんが代表をつとめる有限会社ライトデザインのホームページでも、

照明デザイナーという仕事について、東海林弘靖さんが次のように書かれていました。

光は美しい造形をもった家具的な存在ではなく、
空間を構成する大切な素材の一部として扱われる。
照明デザインは、現代建築に必要な光をデザインする仕事です。

出典:http://www.lightdesign.jp/

実は当初は、建築に興味をもっていた東海林弘靖さん。

中学生の頃に、父親が自宅を新築した際に建築士の仕事を間近で見たのがきっかけ。

しかし、大学で勉強をすすめるうちに一流建築士になるのは厳しいと判断。

その後、新宿NSビルがはじめて建築照明を採用した記事を目にします。

記事に感銘をうけた東海林弘靖さんは、TL研究所への入社を決意!

掲載されていた新宿NSビルの照明に携わった会社です。

TL研究所へ入社するために東海林弘靖さんは、熱意にあふれる行動をします。

なんと、3メートル程の巻物に入社志望の文章を書き、何度も何度も会社を訪問。

すさまじい行動力ですね!

1984年、必死の行動のかいあって、晴れてTL研究所へ入社。

そして、1990年。7年間の勤務を経て、上司だった面出薫さんの独立、開業についていくかたちで、Lighting Planners Associates(株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ)の取締役に就任します。

その後、2000年に有限会社ライトデザインを銀座に設立。

今に至ります。

経歴のご紹介の最後に、東海林弘靖さんの仕事に対する思いをご紹介します。

あなたは”照明”という言葉を聞いた時にどのようなイメージを持ちますか?

恐らく、”光”や”明るさ”をイメージするのではないでしょうか?

しかし、東海林弘靖さんが駆使する世界観は、”心地よい暗さ”

信条とするのは”建物が語る、光を見つける”こと。

「ギラギラとした光はストレスになる」と考えられています。

比べるのも失礼ですが、歓楽街などのギラギラとした明るさは、

確かに心地良さとはかけ離れていますよね。

東海林弘靖さんが照明デザインをする時は、

「その場所の歴史」「その場所を訪れる人」「その場所が街の中でどのような立ち位置か」

などを考え尽くします。

そうすることで、はじめて人の心を揺り動かせる仕事が出来るそうです。

まさにプロフェッショナル。

信念を感じます。
スポンサーリンク



東海林弘靖の代表作【画像あり】

ここでは、東海林弘靖さんの代表作をいくつかご紹介していきます。

どれもとても幻想的ですね。

”心地よい暗さ”を感じます。

二子玉川ライズ

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

二子玉川ライズは、東京都世田谷区の二子玉川にある複合施設です。

映画館や百貨店などが集まっています。

とっても素敵な照明のおかげでデートスポットとしても最適ですね!

ヤオコー川越美術館

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

関東にあるスーパーマーケットチェーンの会社、株式会社ヤオコーの120周年を記念して設立された美術館。

埼玉県川越市にあります。川越市は小江戸を感じさせる街並みが有名です。

街を散歩したあと、神秘的な照明の夜の美術館を楽しんでみては!

座・高円寺

東京の高円寺にある座・高円寺。

演劇やダンスなどの上演が行われています。

外観は観たことがあったのですが、

中までこんなにオシャレな空間だとは知りませんでした!

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

東京の高円寺にある座・高円寺。

演劇やダンスなどの上演が行われています。

外観は観たことがあったのですが、

中までこんなにオシャレな空間だとは知りませんでした!

東京マザーズクリニック

出典:http://lightdesign.jp/

出典:http://lightdesign.jp/

世田谷区にある産婦人科です。

病院とは思えないデザインですね!

落ち着いた光が不安を和らげてくれそうです。
スポンサーリンク



東海林弘靖の本、書籍

東海林弘靖さんは2冊の本を出されていましたのでご紹介します。

日本の照明はまぶしすぎる ──節電生活の賢い照明術

震災後の節電問題を通した観点や、世界の照明事情から”光の価値”を考えさせられる書籍。

Delicious Lighting

あなたの部屋でもすぐに出来る光の演出方法について解説されている本です!

照明デザイナー、東海林弘靖の年収は?

shutterstock_152105888

一般的な照明デザイナーの平均年収を調べてみました。

初任給はだいたい17〜20万円。

年収は、300〜700万程度のようです。

どんな世界でもそうでしょうが、

スキルや経験、職場によってお給料は様々かわると思います。

東海林弘靖さんの場合は、世界的に活躍されているデザイナーさん。

かなりの高年収が予想されます。

1000〜1500万円程度はあるのではないでしょうか?

これに加えて、書籍を出されているので印税も入ってきているはずです。

しかし、東海林弘靖さんのような超一流のプロフェッショナルの方は、

年収、お金にはこだわってなさそうなイメージがあります。

先日のプロフェッショナルで放送されていた、

一流の魚屋さんからも同じイメージを感じました。

⇒ねこや商店の門川安秀さんが凄い!wikiプロフィール へ進む

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です