“天才” と呼ばれる男『セルゲイブリン(google創業者)』ってどんな人?気になる資産や妻、名言まで紹介!それとときどきラリー・ペイジ・・・【世界13位のお金持ち】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、日本中いや世界中の人々の生活の中で欠かせない存在となっている“IT”。カフェではサラリーマンがパソコンを開いて仕事をし、電車の中では大学生がスマートフォンをじっと見つめながら画面をたたき、家の中ではおじいさんがタブレットで本読む・・・そんな光景が当たり前となってきている。

 

そんなIT業界における重要人物としていつもあげられるのは、アップルの創業者である「スティーブジョブズ」、またマイクロソフトの創業者である「ビルゲイツ」ではなかろうか。この辺りなら多くの人が認知しているはずだ。

 

では、世界トップシェアを誇る検索エンジンである“Google”の創業者のことを認知している人はどれほどいるのであろうか。

 

おそらくだが、昨年から大ヒットを続けている『君の名は』の監督である新海誠さんの他の作品と同じくらいの知名度なのではなかろうか。実際素晴らしいんだけど、よくわからないあたり酷似しているように感じる。(深海誠さんすみません。。。)

 

今回はそんな本当はすげえやべえ奴「セルゲイブリン」について書いていきたいと思う。 
スポンサーリンク




セルゲイブリン(google創業者)の経歴とプロフィール、それとときどきラリーペイジ

 Google-Entwicklerkonferenz

出典:http://gqjapan.jp/

彼はソ連に住むユダヤ系の家庭に生まれ、6歳のころに家族とともにアメリカ合衆国へと移住した。

幼いころからコンピュータに興味を持ち、メリーランド大学に入学し計算機科学と数学を専攻。しかし、元々迫害を受けてアメリカに来たという経緯もあってか、数学を専攻していても修士号のプログラムに入れてもらえないと考え、同大学を卒業後スタンフォード大学へと進んだ際にコンピュータサイエンスへと選考を変更した。

 

この運命の選択をしたことで、彼の人生は大きく変わったと言っても過言ではない。

 

同大学に進学後、後に共同でGoogleを立ち上げることになる「ラリーペイジ」と知り合うことになる。

 

始め二人はあまり仲が良くなかったらしい。

しかし、二人が共通の目的を持っているということに気が付き、急速にその中が深まったという話だ。

よく少女漫画でヒロインがクラスのイケメンと衝突し、『なんなのよあいつ。』とかなんとか言いながらも自然と惹かれていって、『あれ、なんで私あいつのことなんか気にしちゃってるの・・・』とかなんとか言う、いわゆるそれと同じである。(たぶん)

 

話は戻るが、その共通の目的というのは検索エンジンを作るということだった。

普通大学生が共通の目的をもつ場合なんて、かわいい子と合コンをしたいだとか、えろい先輩がいるサークルに入りたいだとか、だいたい相場はそんなもんだろう。

どこの世界に、検索エンジンを作りたいだなんていう奇天烈な目的をもった大学生がいるというのか。しかもそれが同じ大学内に二人も。

 

そんな奇跡のような出会いを果たした二人の天才によって、その後世界に爆発的に普及する大発明が生まれたのであった。 
スポンサーリンク



世界長者番付に名を刻むセルゲイブリン(google創業者)の気になる年収と資産はいかほど? 

shutterstock_152105888

1998年、25歳でGoogleを起業した彼は、いったいどれくらいのスピードで億万長者の階段を駆け上っていったのか。

 

2年後の2000年にはGoogleは検索エンジンとして世界トップへと上り詰め、株式公開された2004年には、一気にフォーブス世界長者番付の43位へと躍り出た。その時の資産はなんと40億ドル。

そして2009年には26位となり、総資産も120億ドルとなり、あっという間に大大大金持ちになったのだ。

 

そして気になる現在はというと、世界第13位。

 

おいおい。なーんだ。けっこう年数たってるのにまーだベスト10にも入ってねーのかよ。

セルゲイブリン(?)もたいしたことねーな。

 

なんて思いました?

ちなみに今の彼の総資産は382億ドルだそうです。

 

もし、さっきたいしたことないなんてとち狂ったこと思った人は、今すぐGoogle本社があるカリフォルニア州のマウンテンビューの方向を向いて謝ってください。

セルゲイブリン(google創業者)の妻ってどんな人?た、玉の輿じゃん・・・!

xlmuhktsj1

セル・ゲイブリンは2007年に結婚をしている。

こんな世界的大富豪の奥さんになれるなんて、もう一生働かずに、パズドラだけやってても生きていけんじゃん!みたいに思ってしまいがち。

ですが、実際どうなのか。

 

なんと残念ながら、2015年に離婚をしてしまったのだ。

 

しかも、彼が浮気をしていたとの話も・・・。
スポンサーリンク




 

これは慰謝料を大量にふんだくって、優雅に暮らすんだろうなーっと思ってしまう展開である。某メジャーリーガーの元奥さんのごとく。

 

しかし、この奥さんは実はただものではない。

彼女は遺伝子検査ベンチャー「23andMe」を起業し、新薬の開発事業などにとりくむ実業家であった。

モデルなのかママタレントなのかダルビッシュの元妻なのかなんなのかよくわからない人とは大きく違うようだ。

 

大変失礼しました。 

天才実業家セルゲイブリン(google創業者)の名言・格言

shutterstock_239763235-1-730x370

世の中で成功している人は、よく名言や格言を残す。

彼も例外ではなく、こんな名言を世に放っている。

 

 

『成功は、シンプルから生まれる』

 

 

なんともシンプルな言葉である。

しかしこういった名言めいたものは、往々にして理解できないものがほとんどだ。

この言葉についても、これだけでは正直真意はわからないので、なんとなくではあるがこういうことを言いたいのではないかという推測をしていきたい。

 

まず人に物事を伝えたり、訴えかけたいとき、シンプルであればあるほどいい。

なぜなら、情報量が多いと、理解するのが難しかったり、伝えたいポイントが見えにくくなってしまう。そしてなにより、うざい。

 

そう。シンプルじゃないものは総じてうざいのだ。

 

上司の小言も、端的に言えば3秒で終わるのに、尾ひれやらなんやらがついて、10分・20分にもなる。

とてもうざい。(これは少し違うか・・・?)

 

Googleのサイトデザインを見ると、とてつもなくシンプルだ。

余計な装飾なんかせず、「はい、検索だけしてね!他のことはできないようにしたからね!」とでも言わんとしているデザインだ。

しかし、その裏側にはとてつもなく複雑なアルゴリズムが組まれており、目に見えない大変な苦労が詰まっているはずだ。

そんなものは見せず、何事もシンプルに、検索を行うという機能だけに特化したもの、それがGoogleであり、彼らの成功のもとになったのではなかろうか。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

ほかにも記事を更新しています。

下にスクロールしていただくと、記事リストをみることができます。

ぜひ、読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です