大野真司(乳がん専門医)が情熱大陸に!wikiや大学、病院や乳腺外科医とは!嫁についても

みなさんは、日本人の死因トップが何かご存じだろうか。

 

それは、ガンである。

 

実際周りを見渡しても、亡くなった方の死因は軒並みガンではなかろうか。

 

しかし、私含めまだ若い世代は、ガンに対して警戒心など抱いていない。

どうせ、まだ若いんだし、ガンなんてなるのはまだまだ先だろう?といった具合に完全に舐めている。

 

ただ、若い人でもかかってしまうガンがある。

 

それは、「乳がん」である。

 

乳がんは20代から徐々に増え始め、40代後半から50代にピークを迎えると言われており、30代になったころから急激に増加するのが特徴だ。

そのため、若い女性にとっては見過ごせない病気なのだ。

 

そんな危険な病気、乳がんの専門医として大野真司先生という人がいる。

 

国内屈指の乳がん専門医として、その名をとどろかせている大野先生が、今回、2017326日の「情熱大陸」に出演するということで、以下いろいろと調べてみた。
スポンサーリンク




乳がん専門医(乳腺外科医)・大野真司のwiki風プロフィールと経歴 

 

出典:http://www.ana.co.jp/amc/cpn/pinkribbon2016/

 

年齢:58

出身:福岡県

出身大学:九州大学医学部医学科卒

経歴:米国テキサス大学臨床腫瘍学研究院(1989年~)

   九州大学病院助手(1993年~)

   九州大学病院併任講師(1997年~)

   九州がんセンター乳腺科部長(2000年~)

   九州がんセンター臨床腫瘍研究部長(2012年~)

   九州がんセンター臨床研究センター長

   がん研究会有明病院 乳腺センター長(2015年~)

 

ぱっと経歴を見ても、よくわからないが、とにかく偉い人なんだろうなということはよくわかる。

 

ちなみに私な大野先生と、出身と大学までは同じだ。

ただ、ホントにわずかな差ではあるが、学部が違っただけである。

ほんと、学部さえ一緒だったらなあー。もっと親近感沸いたのにな。

 

残念。

 

とまあ、そんなことはさておき、その後アメリカに行ったかと思えば、また九州に戻ってそこで自身の専門分野に従事。

 

現在は東京に拠点をおき、年間1000件以上もの手術症例数を持ち、放射線療法・抗がん剤・分子標的治療薬・ホルモン剤などの様々な治療パターンから、患者一人一人に最適な選択を行う高度なチーム医療を実践している。

 

 
スポンサーリンク



大野真司の働いている病院はどこ? 

そんな大野先生が現在働いている病院は、がん研究会有明病院という東京都内にある病院で、がん克服を目標にがんに対する様々な研究を行っている機関である。

 

 

出典:http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/

 

また、同センターでの治療のほかにも、「ピンクリボン運動」や「女性がんフォーラム」での講演活動などを行ったり、「ハッピーマンマ~乳がんから女性を守る会~」の代表理事を務めるなど、治療を行うだけではなく、様々な角度からがん克服のための活動を行っている。
スポンサーリンク



最新の乳がん治療とは? 

乳がんは女性ならば誰しも不安に感じているであろう病気ではなかろうか。

有名人でも、小林麻央さんや北斗晶さんなどの乳がん報道があったことも記憶に新しいのではなかろうか。

 

 

出典;http://www.officiallyjd.com/archives/

 

そんな乳がんに対して近年の治療法はどうなってきているのか。

 

近年は手術や放射線や化学療法などを組み合わせて行う「集学的治療」というものが主流になっており、患者の状況に合わせて適切な方法がとられている。

 

そもそも乳がんの治療は大きく分けて2つあり、1つは「局所療法」、もう1つは「全身療法」というものである。

 

局所療法は手術や放射線療法のことで、乳がん発生部やその近辺の治療を目的としている。

全身療法は、化学療法やホルモン療法、分子標的治療薬(なんじゃこりゃ・・・)などがあり、局所療法と組み合わせて実施されたり、ガンが転移することを防ぐために行われたりする。

 

ただ、やはり中心となるのは手術であり、医師とよく話し合ったうえで対処法を検討していくことが大切である。
スポンサーリンク



大野真司の結婚は?嫁、子供について

 

大野真司先生のご家族についてだが、特に具体的な情報はなかった。

まあ、大野先生自体芸能人でもないので、そんな方の家族の情報が流れていること自体ありえないので不思議な話ではないが。

 

一部分かった情報としては、ご家族は福岡で暮らし、大野先生は東京で暮らしているため、基本的には離れ離れで生活をしている。

ただ、頻繁にLINEをおくるなどしてコミュニケーションをとっているのだとか。

 

 

出典:http://official-blog.line.me/en/archives/1000671598.html

 

そのあたりの詳し情報も、情熱大陸で明かされるのかもしれない。

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です