お金持ちの財布の色や中身、ブランドなどの特徴まとめてみた

お金持ちに近づくには、お金持ちが身につけている物を自分自身が持ってみるということも大切です。

なぜならお金持ちが持っている物を自分自身が手にすることで、自分自身もお金持ちになれるんだという自信が生まれます。

また、そういったものを手にすることができるようになることでもっと稼ごうというモチベーションにもつながるからです。

今回は、お金持ちの財布の色や中身、またお金持ちが持っているブランドなどを徹底解剖していきます。
スポンサーリンク




お金持ちの財布の色

ではまずお金持ちはどんな色の財布を持っているのでしょうか?

色にはそれぞれいろんな意味などが込められています。

また風水的にも色にはそれぞれの色が持つ意味があるそうです。

この項では、お金持ちが持ちそうな財布の色をピックアップしてまいります。

その1 黒

黒という色は、風水で言うと『今あるお金を守る』色になります。

なので今あるお金の激しい出入りを防ぎ、着実に貯めていきたいという人にオススメな色になります。

ただ、お金が増えるという色ではないのでこれから稼ぎたいと思う人にはあまりオススメしないお色です。

その2 黄色

黄色という色は、風水で金の気を持つ色です。

なので黄色の財布を持つことで金運を上げることができますので、お金持ちになりたい、稼ぎたいという野望を持っている方にはぜひ持っていただきたい色になります。

しかし、黄色といってもその色合いによっても風水での意味合いも変わってきます。

純粋な黄色だと風水での力が強くなるので、お金の入りが多くなるのと同時にお金が出で行く量も多くなります。

なのでアクセント程度に黄色が入っている財布や、山吹色などの薄い色の物を選んでみるといいのではないでしょうか?

スポンサーリンク



お金持ちの財布の中身

続いてお金持ちが持つ財布の中身はどんな風になっているのでしょうか?

中々お金持ちの方の財布の中身を見る機会がないからこそ、この部分がどうなっているのかを知ることでお金持ちになるための秘訣を汲み取ることができるのではないでしょうか?

この項では5つのポイントから解説をしていきます。

その1 財布の中に領収書やレシートを貯めこまないこと

お金持ちの持っている財布にはどんなイメージを抱いてますでしょうか?

おそらく多くの方が『綺麗に整頓されている』とか『お札などがきれいに入れられている』など整理整頓がされているイメージを抱いているかと思います。

あとはお金持ちの方は自分がいくらを、何に使ったのかを把握する必要があるのです。

そのためにも領収書の内容確認など、すべて習慣化されているのではないでしょうか?

それはお金持ちになるうえで金銭感覚をルーズにしてはいけないことだからです。

だからこそお金持ちの方で、金銭管理にルーズな方はほとんどいないです。

財布を見ることでその人の金銭管理能力が見れるかもしれないですね♪

そう考えてみると、改めて自分自身の収支などを見直すいい機会になるかもしれません。

一方で、貧乏な人の財布はどのようなイメージを持っているでしょうか?

すぐに思い浮かぶのはぼろぼろの財布で、財布の中にはレシートや領収書が大量に挟まれ、買い物のときなどにスムーズにお金の出し入れができない状態になっているところをイメージされる方が多いと思います。

これではいざというチャンスをつかめないですし、何より使いづらい財布になると思います。

あとはパンパンにモノが入っている財布を持っているというのは、印象的にもあまりスマートではないので、そうなっている人は見なおしてみるといいかもしれないですね。

その2 財布の中身は綺麗に整理整頓されている

お金持ちの財布を見てみると、きちんと整理整頓をされている方が多いです。

カード類をどこに入れているか、お札をどの順番で入れるかなど個人で決めていることによって差はありますが、共通項として『整理整頓されていてわかりやすくなっている』という要素が見受けられます。

きちんと整理整頓していることで必要なカードが入っていたり、今持っているお金がどれくらいなのかなど把握しやすいので、自分自身の経済状態を把握しやすくなることにつながるのではないでしょうか?

たまに見かける方で、財布の中にお金以外のものがたくさん入っている方がいますが、あくまでも財布は大切なお金たちにいていただく場所なので、別のところにしまったり、もしくは不要であるなら捨てるなど断捨離を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク



お金持ちの財布のブランド

お金持ちの方は稼いでいる方が多いので、ブランド品の財布を持っているイメージが強いと思います。

実際にお金持ちの方とお会いをしてみて持っている物を見てみると、やはりブランドのものを持たれている方が結構多いです。

ではどういったブランドがあるのか?

ここでは2つほど取り上げたいと思います。

※ただし、注意をしなければいけないのはブランドの物を持っているからと言ってお金持ちと判断するのは一概に正しいとは言えません。

最近でも若者でもそれなりにブランドの財布を持っている方がいます。その場合は品格や立ち振る舞いなどで見分けていきましょう。

経験上ではありますが、案外こういったところでボロが出てくる方がおられます。

お金持ちになるなら、そういった部分も磨かれることをお勧めいたします。

その1 GUCCI

高級ブランドといえばGUCCI、ブランドで名をあげるならば必ず出てくるド定番のブランドです。

セゾン投信株式会社の中野晴啓社長も持たれているという財布です。

GUCCIはメジャーだからこそ目立ちますし、これを持てるようになってかつスマートに使いこなせるようになったら、お金持ちへと進んでいる証かもしれないですね。

その2 ダンヒルのマネークリップ

社長や経営者といったお金持ちの方の中には財布を持たず、マネークリップを使われている方もおられます。

一番有名な方はあのホリエモンこと、堀江貴文さんです。

(ブランドは別のブランドになりますが、個人的にマネークリップを使われているそうです)

やはり財布を使う上でシンプルさやスマートさを追求した結果、必要最低限の物だけ持てばいいという結果に落ち着いたのでしょうか?

実際に使っている方の姿を見たことがありますが、コインケースと併用されている方もおられたので使い分けるとベストなのかもしれません。
スポンサーリンク



お金持ちの財布の特徴まとめ

ここまでお金持ちが持っている財布の特徴をまとめてきました。

稼いでいるお金持ちの方は確かに高級なブランドの財布を持たれていますが、ただ持っているだけではなくきちんと整理整頓したり、綺麗な見た目になっているかなど細かいところまで気にされていることが多いと思いました。

やはりお金に対してもそういった気づかいをきちんとすることで、お金の大切さや気配りといったところが磨かれていくのではないかと思います。

普段財布をないがしろにしている人がいたら、その習慣を直してみることでお金持ちが持っている考え方を身につけることができるかもしれませんね‼

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です