元谷外志雄(藤誠志)のwiki経歴,年収,自宅,資産!中国でアパホテルの書籍炎上!【アパグループ代表】

ご覧いただきありがとうございます!

今回は元谷外志雄(もとや としお)さんについて。

アパグループの代表をつとめられている方です。

元谷外志雄さんってどんな人?

年収や資産はどのくらい?どんな家に住んでいるの?

話題になっている中国でのアパホテルの書籍炎上問題って何??

などなどプロフィールや経歴をwikipedia風にご紹介していきます!
スポンサーリンク




元谷外志雄(藤誠志)のwiki風プロフィール&経歴!

0911motoya

あらためまして元谷外志雄さんはアパグループの代表です。

写真からでもかなりの風格を感じますね!

早速、プロフィールから見ていきましょう♪

プロフィール|生年月日、年齢、出身、学歴、ペンネーム

magnifying-glass-626174_960_720

元谷外志雄さんの生年月日は、1943年6月3日。

現在の年齢は73歳。

かなりのご高齢ですね。是非、健康で長生きして頂きたいです。

出身は、石川県小松市。

地元の石川県立小松高等学校を卒業。

その後、通信制の慶應義塾大学経済学部に入学。

慶應ボーイ!優秀だったんですね!

しかし、慶應大学は中退してしまいます。

”大学卒業”という学歴にこだわりはなかったようですね。

それにしても、大成功をおさめている経営者の方は中退の方が多いです。

例えば、、

みんな大学中退です。

いずれも大学時代からビジネスをされていて独立する形での中退。

一方、元谷外志雄さんは中退後、社会人になります。

続いては社会人以降の経歴をご紹介していきます。

経歴|信用金庫時代、創業社長、代表就任

E42YIIC1W8

小松信用金庫(現在の北陸信用金庫)に就職。

9年間の勤務を経て退職して、信用開発株式会社を創業。

独立を果たします。

その後、マンション業、ホテル業などの事業を展開。

現在、事業の数はなんと14!

幅広く手がけられているんですね!

元谷外志雄さんは各事業をまとめるアパグループの代表をつとめられているというわけです。

また、元谷外志雄さんは「藤誠志」というペンネームを持っています。

アパホテルに置いている炎上で話題の書籍!w

こちらも藤誠志というペンネームで書かれた本です。

後ほど、書籍については詳しくお伝えしていきます。

つづいては、元谷外志雄さんのお金に関するお話。
スポンサーリンク



元谷外志雄(藤誠志)の年収、資産は?妻の元谷芙美子も凄い!

shutterstock_152105888

独立して社長へ。

複数の事業を成功させた後、会長へ就任。

…お金持ちのにおいしかしませんね。笑

元谷外志雄さんの年収や資産は一体、どれくらいなのでしょうか??

申し訳ありません。

かなりリサーチしたのですが、見当たりませんでした。。

しかし!!

かなり参考になる情報を発見!!

間違いなく元谷外志雄さんがお金持ち、億万長者であることを裏付ける情報です!!

それは、妻の元谷芙美子(もとや ふみこ)さんの年収に関する情報です。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

こちらが元谷芙美子さんです。

テレビ番組に時々、出演されています。

かなりキャラが濃いのであなたもご存知かもしれませんね。

元谷芙美子さんは2016年2月にテレビ番組に出演。

年収を公開していました!!

この年収がかなり驚きの金額でした!

ちなみに元谷外志雄さんの妻、元谷芙美子さんはアパホテルの社長さんです。

あなたは一体どのくらいの年収だと思いますか??

なんと元谷芙美子さんの年収!!

その額は5億3000万円です!!!!www

とんでもないお金持ちでしたww

間違いなく元谷外志雄さんも同じくらい。

もしくはそれ以上の年収を稼がれているとでしょうね。

夫婦そろって大富豪。資産がどれほどかは計り知れませんね。

※詳細が判明したら追記致します。

※詳細見つかりましたので追記。

資産もすごく、夫の元谷外志雄の総資産は2200億円で、全国4位になったことも。出典:http://anincline.com/motoya-fumiko/

やはりケタ違いのお金持ちでしたね!
スポンサーリンク



元谷外志雄(藤誠志)の自宅はどんな家?

6ORKJ6YBK1

さすが、アパグループ。

妻、元谷芙美子さんの年収は想像以上の金額だったのではないでしょうか?

元谷外志雄さんもケタ違いの資産家でした。

さて、それでは元谷外志雄さんのご自宅は一体どんな家なのでしょうか。

マンション業やホテル業を営んでいるアパグループの代表。

当然、ご自身のご自宅も立派な家だろうと想像できます。

(※ちなみに上の画像は、海外のオシャレな家。元谷外志雄さんの家とは一切、関係ありません。笑)

調べてみたところどうやらお住いは西麻布。

お金持ちの集う場所ですね。

総工費数億円以上の超大豪邸に暮らしているようです。

さすがですね。

やはり不動産を制するものは、人生を制するという事なのかもしれません。。

元谷外志雄の書籍「本当の日本の歴史 理論近現代史 II」が中国SNS「微博」で炎上!アパホテル反対運動!?本の内容や騒動発端について。

ef134678

2017年1月。

アパホテルに置かれた1冊の書籍の内容がネット上で炎上!

大きな騒動になっています。

その書籍を書いた方こそ、元谷外志雄さん。

ペンネーム、藤誠志さんです。

本のタイトルは「本当の日本の歴史 理論近現代史 II」

騒動の発端となったのは、中国のSNS「微動」にアップされた1本の動画。

中国人男性Sidさんとアメリカ人女性Katさんのコンビ「Kat&Sid」

2人とも大学生です。

気になる動画の内容はこのようなものでした。

アパホテルに置かれている書籍には、

  • 南京大虐殺は捏造!
  • 従軍慰安婦の強制連行はなかった!

と書いているぞー!中国人のみなさん知っていますかー!?

考え方は人それぞれだからOK!

だけど中国人に内容(=元谷外志雄さんの政治思想)を知らせていないのおかしくない!?

知らせないでお金とっているの不誠実ではない!?!?

うーん。

あなたは利用するホテル、利用する電車、利用する飲食店・・・

これらの経営者の政治的思想を全て知っているのでしょうか??

動画内容へ多少の疑問は感じます。

(※章雷様よりコメントを頂きました。考え方が改まりましたので取り消し線。

ご指摘ありがとうございました。)

ただ、それ以上に今回、注目すべきは周囲の反応ではないでしょうか。

中国人の方々は一斉に大騒ぎ!

「なんということだ!!」

「もうアパホテルには泊まらない!!」

などなど、ネット上で大炎上。

あまりの騒動の大きさに責任などを感じたのかもしれません。

Youtubeにも動画が投稿されていましたが、現在は投稿者した彼ら自身が削除していました。
スポンサーリンク




あなたはこの一連の騒動についてどのように感じましたか??

ネット上での、日本人の方の反応を色々と見てみました。

「中国人はアパホテルに泊まらなくなるはず。

それなら嬉しい。中国人がいないアパホテルに泊まるようにしよう!」

このような意見がありました。

これを見て、とっても悲しい気持ちになりました。

日本人と中国人ってうまくいっていないんだな〜と感じさせられました。

もちろん、ネット上に書き込む習慣がある人の層には偏りがあると思います。

必ずしも「ネット上に多い意見=日本人全体で多い意見」とは限りません。

あなたはどう感じますか??

気になるのは元谷外志雄さんの反応や対応ですよね。

どうやら、

「アパホテルには今後も書籍を置き続ける」

という事のようです。

私は歴史の専門家ではありません。

当時を生きていたわけではありません。

なのではっきり言って日本と中国、どちらの主張が正しいのかわかりません。笑

南京大虐殺、従軍慰安婦強制連行について論議している人たち。

彼らの多くも専門家ではないのではないでしょうか??

知識があったとしてもメディアが流している情報程度でしょう。

教科書に記載がある情報程度でしょう。

その情報にしっかりした根拠があるかどうかなんて一般人レベルでは謎ですよね。

過去の歴史から学ぶ事は大切です。

しかし、それ以上に大切なのは現在、そしてこれからの未来ではないでしょうか?

どうやったら、日本人が豊かで幸せにすごせるのか。

どうやったら、中国人が豊かで幸せにすごせるのか。

政治家の方々にはこれらにフォーカスして欲しいです。

たださえ、良好とはいえない日中関係。

なんとか上手く手を取り合って欲しいですね。

同じ地球に暮らす仲間なので。

動画を投稿した本人達も「日本人はとても親切にしてくれた。」

「日本の滞在は素晴らしかった。」

と話していた事を最後にお伝えしておきます。

ご意見、ご感想。賛否両論あると思います。

是非、コメント欄に記載頂けると嬉しいです。

みなさまの想いをお待ちしております。

今回も最後までご覧いただき感謝致します。

いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメント

  1. 章雷 より:

    日本在住の中国人です。例の動画ですが、先ほど中国の友人が送ってくれたので、見ました。個人的な感想ですが、問題は元谷さんの政治思想というより、その思想について書かれた書籍をバイブルのようにホテルの各部屋に置いていることです(動画の中ではそう言っています。)。日本の方々も旅行で韓国に行かれた時、わざわざ玄関に慰安婦の少女の像が置かれているホテルを選んだりしないでしょう。ビジネスはビジネス。法律や道徳に反しないビジネスによって人々の生活を豊かにすることは素晴らしいことだと思います。経営者自身の政治的論理や歴史観(それも秦郁彦先生のような緻密な研究により得られたものではなさそうです。)を一方的にビジネスの現場に持ち込むのは、いかがなことでしょうか。

    • sho より:

      章雷様、はじめまして。

      コメントを頂きありがとうございます。仰る通りですね。
      確かに”どう考えるかは自由だ”と話されていますね。

      「う~ん。~おかしい気もします」。の記載については、
      論点がずれてしまっていたようです。ご指摘ありがとうございます。
      取り消し線を追記しておきます。

      論点は「ホテルという本来、癒やし、安らぎを求める場に
      おかれる本としては適切ではないのではないか」という事でしたね。

      個人的にビジネスなどで大成功された方の本や考え方、成功法則などに興味があり、
      当ブログ運営に伴い(それ以前からですが)、色々と勉強しています。

      その結果、いま感じているのは「豊かにする、幸せにする」がビジネスのゴールではないかという事です。
      根底に絶対的に必要なのは「感謝や思いやり、価値提供の気持ち」だと考えています。

      その点から考えるとやはり、政治思想の反映された本が置かれている本が
      置かれている事は適切ではないなと改めて感じました。
      大切な事に気づかせて頂き感謝致します。

    • Mao より:

      いやなら泊まらなければよいのでは?

      • sho より:

        Mao様、はじめまして。

        コメントを頂き誠にありがとうございます。
        確かにそうですね。

        これまでは、
        ・お金を払って泊まってから嫌な思いをする事になった
        ・お金を払わないと嫌な思いをするという事がわからなかった
        状態だったので、嫌だから泊まらないという選択肢が無かったのだと思います。

        今後は、書籍の内容を知ってアパホテルが嫌になってもう泊まらない!
        という中国の方が多いみたいですね。

  2. アパホテル最高! より:

    章雷 さんは何か勘違いしてないかな?
    緻密な研究もなにも南京の記念館に「軍人30万人余りを殺害した」とのいい加減な数値を堂々と提示して大虐殺を煽ってるじゃないですかw そんな数字じゃなくて名簿に載っている数を提示すべきではないのかな? 1万人と30万人との開きを無視する態度はげせませんなw
    === 
    概要
    当館は日本軍が1937年12月13日から約40日間の間(館内にある碑には1937.12.13-1938.1と表記されている)に南京に於いて中国の庶民と捕虜になった軍人30万人余りを殺害したとの見解を示しており、館内に300000という数字を表記している。

    新華社の2014年12月1日の記事によれば館内にある「嘆きの壁」と呼ばれる壁には「南京大虐殺」の犠牲者であるとされる10505名の名前が表記されている。

    上海交通大学教授で「南京大虐殺」の研究を行っている程兆奇は東京財団主催の講演会で質問者から「南京の記念館、あそこに30万人と書いてありますが、あれは即座に消すべきですね」と指摘された際に「それは一学者あるいは一個人が決められることではないのです。(中略)私がもしも記念館を運営しているということであれば、私は最初から、そういう数字は書きません」と述べている。博物館の等級区分は最高位の中国国家一級博物館に分類される。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です