宮沢りえがプロフェッショナル出演!サンタフェ(写真集)や母・娘について

今回は、「宮沢りえがプロフェッショナル出演!サンタフェ(写真集)や母・娘について」。

さて!

健全な精神をもつ皆さんなら、一度や二度、いや、毎週末ごとくらいに行っているであろう

合コン

そこでは、毎夜毎夜テンプレート化された質問と回答がとびかっているが、その中にもう幾度となくされてきた会話がある。

それは

「好きな芸能人は誰?」

である。

今の世の中、美人でかわいい芸能人なんて、いくらでもいるため、おそらく参加者によって回答は様々であろう。

(たまに『ブス界の中で最もかわいい』と称される「いき○のがかりのボーカル」とか答えるやつがいるが、これは絶対に好感度をとりいった回答だと思われる。)

みなさんは誰であろうか。

石原さとみ?上戸彩?堀北真希?(古い?)

私と同年代(20代後半)くらいであればこういったところが模範解答ではなかろうか。

そんな中、私より一回りくらい上の世代では、ほとんどがこう答えていた。

宮沢りえ

であると。

http://gazz.org/dshow/ANd9GcSr3nczV6OHn-s46SlQkiU9t_-01ErWkAQjd1dHD3uh_vRiE7fhr66bNQA/%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E3%82%8A%E3%81%88

そのくらいの世代にとって、宮沢りえの破壊力はとんでもなく、世の男性という男性の心をがっちりと掴んでしまったのだ。

そんな稀代の美女宮沢りえが、2017年7月24日の「プロフェッショナル」に出演されるということで、男子たるものチェックすべしということで、いろいろと調べてみた。

スポンサーリンク



宮沢りえがプロフェッショナルに出演

まずは、宮沢りえの簡単なプロフィールを紹介する。

生年月日は、1973年4月6日生まれの44歳。

出身は東京。

ちなみに父親がオランダ人らしく、実はハーフなんだとか。

どうりできれいなわけだ。

芸能界デビューは11歳のとき。モデルとしてデビューし、1987年には初代リハウスガールとして「三井ハウス」のCMに出演し話題となった。

https://matome.naver.jp/odai/2142186427832992301/2142186597833666803

当時はアイドル的存在として、世の男性から爆発的な支持があったらしい。

今でいうところの、広瀬すずとか橋本環奈とかみたいな感じではなかろうか。

現在では、アイドル時代のかわいらしさも残しつつ、演技派女優として数々の映画やドラマに出演をしている。

子供のころから芸能界にいたかたとしては、割とまっとうに仕事をできているように見える。

実はそうでもないらしい。

以降宮沢りえの過去について、簡単ではあるが衝撃的な内容をいくつあピックアップして紹介していきたい。

スポンサーリンク



宮沢りえのサンタフェという写真集が伝説的らしい

芸能界で成功している人は、大抵代表作というものがある。

例えば、

石原裕次郎 → 太陽にほえろ

渡哲也 → 宝酒造

舘ひろし → パパと娘の7日間

神田正輝 → 神田沙也加

といった具合だ。

多少人選にクセがあるが、まあだいたいのジャンルはカバーしている。

さて、話は戻るが、そんな中宮沢りえの場合代表作はなんだろうか。

おそらく、サンタフェではなかろうか。

はて?といった具合の人もいるだろうから説明をするが、これは映画でもドラマでもない。

ヘアヌード写真集

である。

http://555555.doorblog.jp/archives/7902663.html

しかもこれを出したときの宮沢りえは18歳で、まだまだ人気絶頂のさなかであったのだ。

これは、渡哲也が太陽にほえろに出演しながらヘアヌード写真集を出すといったことと衝撃具合は同じだ。(衝撃のベクトルは違うが)

もう少しわかりやすく言うと、例えば今でいうところの「本田翼」なんかがいきなりすっぽんぽんになって、篠山紀信なんかにカシャカシャシャッターを切られたりなんかして、『女優として表現の幅を広げるために、思い切ってチャレンジしてみました』とかいったもっともらしいコメントをしたのちに、恥部をを惜しみなく掲載した全編50ページにもわたるハードカバーの写真集(4980円+税)を全国47都道府県の書店という書店の店頭という店頭に山積みにして売りさばくといったこととほぼほぼ同じである。

まあ、上記の内容が頭に入ってきたかはさておき、これくらいエキセントリックな出来事だったらしいのだ。

だって、いきなり有村架純がヘアヌードなんて出したら、脳みそとまるでしょ?

さすがに買うよ。

しかも18歳で出すんだからね。

まあなんていうか、

芸能界って

怖いね・・・。

スポンサーリンク



宮沢りえの母親は枕営業させていた?癌で亡くなった?

そんな宮沢りえの母親はどんな人だったのか。

宮沢りえは8歳まで祖父と一緒に暮らしており、母親と一緒に生活するようになったのはその後だという。

なんで?といった素朴な疑問はここでは抱かないでいただきたい。

なぜなら、私はそれに対しての回を持っていないからである。

野暮な話だ。

とりあえず、「なんで?」って感じの家庭でそだった宮沢りえは、芸能界デビュー後母親とマンツーマンで過ごすことになる。

8年間一緒に過ごしていなかったことを、取り返そうとしたのかどうかはわからないが、母親はマネージャーとしてあれこれ身の回りの世話をし、娘の成功のためにあれこれ画策をしたそうだ。

その一つに、枕営業疑惑がある。

ビートたけしと共演した宮沢りえは(当時まだ17歳とかそんな)、海外ロケでホテルに宿泊した際のある夜、ふとたけしの部屋を訪れたそうだ。

訪れた宮沢りえは『ママに言われて来た』といったそうだ。

たけしは何とも紳士に『早く戻って寝なさい』と言って追い返したらしいが、なんともショッキングなできごとである。

親が、ビートたけしという芸能界の権力者に対し、娘を差し出すだなんて、江戸時代の貧しい農家の親が裕福な商人に対して娘を売りに出す描写とおんなじではないか。

そんな母親もすでに肺腫瘍のため亡くなっているとのことで、敏腕すぎるマネージャーを失った宮沢りえはほっと一安心といったことろであろうか。

スポンサーリンク



宮沢りえの娘、名前はあろは?小学校は成城?

そんな宮沢りえには娘がおり、名前は「アロハ」というらしい。

元夫との出会いがハワイだったことも影響したのか、こういった個性的な名前に落ち着いたようだ。

http://sekaiichiweb.com/?p=11945

おそらくだが、アロハちゃんが将来大学卒業をまじかに控え、女友達と「卒業旅行どこいく?」といったことを話す際、

『みんなどこいきたい?』

『やっぱ、ヨーロッパでしょ!』

『逆に九州とかは?』

『ギャハハ!それうけるー!』

『てかさ、アロハはやっぱ行きたいとこってあそこでしょ!?』

『(一同笑い)』

『ちょっとーやめてよー。別に行きたいとかいってないでしょ!・・・グアムとか!』

『そっちじゃねえよwww』

みたいな百パーうける鉄板ラリーができるはずだ。

うらやましい。親に感謝。

そんなアロハちゃんは、やはり芸能人の元に生まれただけあって、幼稚園から成城に入学され、そのまま成城エスカレーターを悠々と登っていっているようだ。

親も美人、百パー笑いのとれる名前、名門小学校・・・

なにもせずに、こんなにも恵まれた状況に身を置くことができたアロハちゃん・・・

まさに

マグロ!

https://blogs.yahoo.co.jp/xl1200rgoidea/8578650.html

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です