ジムウォルトンのwiki風経歴&資産!世界長者番付常連でお金持ち一家の三男坊はいかほど資産をお持ちで?~

子供のころ、自分のうちよりお金持ちの家の子のことが、とても羨ましかったのを覚えている。

いつもいつもいともたやすく最新のゲームを持っており、自然のその子の家はたまり場になっていた。

私も、自分のうちで思いっきり「スーパーマリオ64をやりたかった・・・。

 

しかし、子供は生まれる家を選ぶことができない。そこはもう“神様の言う通り”しかないのだ。

来世はもっと金持ちの子供に生まれて、K応大学の幼稚舎からエスカレーターで大学までいき、その途中で国民的アイドルグループの一員としてデビューなんてしたいものである。

 

そんな中、今回は、生まれた瞬間から人生大勝利が決まっていた「ジム・ウォルトン」という男について書いていきたい。
スポンサーリンク




ジムウォルトン(ウォルマート創業者の三男)のwiki風プロフィールと経歴

 20141214185932

出典:http://bonkula.hateblo.jp/

ジム・ウォルトンのことを話すには、まずその父親であるサム・ウォルトンのことに触れなくてはいけない。

父、サム・ウォルトンは、世界にその名を轟かす巨大小売企業「ウォルマート」の創業者である。

彼は戦前にとあるデパートで働き始め、小売業者としてのキャリアをスタートした。

戦時中は軍に服したこともあったが、その時貯めた資金を元に、戦後小売業を開始、そして1964年にウォルマートを開業させた。

そこで巨万の富を築き、世界のトップ実業家としての地位を確固たるものとした。

 

そんな偉大な人物の三男として生まれたのが、ジム・ウォルトンだ。

彼の経歴について以下にまとめた。

 

名前:ジム・ウォルトン

生年月日:194867

大学:アーカンソー大学

現職:アーベスト銀行CEO

家:アーカンソー州ベントンビル

家族構成

兄弟:S・ロブソン・ウォルトン、ジョン・T・ウォルトン、アリス・ウォルトン

妻:Lynne McNabb Walton

子:Alice Anne Walton, Thomas Layton Walton, Stewart Lawrence Walton

 

残念ながら情報が情報が少なく、はっきりしないことも多々あった。

ただ、明確に言えることは、この一家、とにかくみんなお金持ちだということだ。

 

ちなみサム・ウォルトンの孫であり、ジムの息子であるスチュアートは、ウォルマート社の取締役に就任しているそうだ。

 

なんとも羨ましい・・・。(まあ、彼は彼でとても優秀なのだろうが。)

 

私も早いとこ輪廻転生して、サムのひ孫として来世を迎えたいものである。 
スポンサーリンク



ジムウォルトン(ウォルマート創業者の三男)の年収と資産は?世界長者番付を支配するお金持ち一家の資産事情

ec9ba070e67aa91290b76126cc5e9577 

ジムウォルトンの収入に関してだが、銀行のCEOを勤め、かつウォルマート社の株を保有していることから、毎年かなりの収入があるようだ。

 

年によって増減があるようだが、2014年は38億ドル2015年は定かではないが、2016年は61億ドルとなっている。

 

1.6・・・。

 

って、この2年間の間になにがあったんだ?なぜそんなに収入が増えるんだ・・・。

 

ちなみに北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士選手は、2014年の年俸が1300万円だったのに対し、2016年の年俸は2450万円だった。

 

 

1.88倍!!

 

 

ここは杉谷選手に軍配があがったようだ。

 

 

そして、ジムウォルトンの総資産はというと

 

 

365億ドル

 

 

だそうだ。

 

 

ちなみに杉谷選手の総資産(?)はというと

 

今までの総年俸と契約金の合計から、プロ入り後の生活費(一般的な一人暮らしの方の平均支出より概算)を差し引き・・・

 

 

だいたい1億円

 

 

だと思われる。(かなり倹約家!)

 

 

んー・・・

まあ、円とドルだと為替の関係もあるので、どちらの総資産が多いかは一概には言えないので、ここではあえてどちらが勝ちだとか負けだとかは言及しないでおこう。

 

 

と、少し話はそれたが、いかにジムウォルトンの資産が馬鹿みたいに多いかご理解いただけたであろうか。

ちなみに、彼の兄である「ロブソンウォルトン」の総資産は、361億ドル

ちなみにちなみに、彼の妹である「アリスウォルトン」の総資産は271億ドル

 

だそうだ。

 

 

生れ落ちる家によって、ここまで資産が変わってくるのか。一族そろって大富豪とは・・・。

(もちろんみんなそろってフォーブス世界長者番付の常連である。)

 

 

私は、自分の家族の元に生まれたことに対して何の不満もない。

むしろ、幸せだと感じているくらいだ。

 

しかし

 

それとこれとは話が別だ。

 

ホント来世は社長の息子として生まれて、莫大な遺産を相続できる人生を謳歌したいものである。
スポンサーリンク



ジムウォルトン(ウォルマート創業者の三男)の名言

読書 

「我々はイラク人民に自由を与えると同時に、財宝をも自由化しなければならない」

 

ジムウォルトンは、こういった言葉を残している。

 

はて、これは一体どういうことなのだろうか。

どういった場面でこの発言をしたのかはわかってはいないが、おそらくイラク戦争に対する彼なりの批判姿勢を表現するために発言したのではないかと思われる。

 

アメリカは、ブッシュ政権の時にイラクと大規模な戦争を行った。

狙いは、テロ組織の壊滅とフセイン独裁政権の打破であった。

 

結果としてそのどちらも成功したが、この戦争によってイラクの人々は幸せになれたのであろうか。

 

実際その戦争によって最も利益を得たのは、アメリカだったのではないか。

 

もちろん人的な被害は多かったかと思うが、それを踏まえたうえでも大きかったのが、石油利権だ。

 

戦後復興のため、自国の資源である石油を大量に売って資金を得ようとしたイラクであったが、その卸し先である石油企業があろうことかすべてアメリカの企業であったのだ。

  

それを踏まえたうえであらためて彼の言葉を考えてみる。

ここでいうところのイラク人民の自由とは、イラク国内の政治に介入したアメリカ戦争に対する批判的な考えのことを指し、財宝とはイラクの石油のことを言っているのではなかろうか。

 

すべてたらればでの意見になるが、世界中で批判的な意見の多かったあの戦争に対し、ジムウォルソンもそういった意見を発信した一人なのかもしれないと感じる名言であった。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です