youtuberヒカキンの経歴!本名・彼女・収入(年収)は?ボイパ動画あり!

14歳のハローワークという本を皆さんご存知であろうか。

中学生が、世の中にある様々な職業について知り、将来のことを考えるという話だ。

たぶんそうだった。

正確に言うと、「そうだった様な気がする」である。

 

なぜこんなにあやふやなのかと言うと、私はこの本を読んだことがないからである。

 

冒頭から

 

ハァ?(゚Д゚)

 

といった内容だが、一体何が言いたいのかというと、世の中はたくさんの仕事で溢れているということだ。

安直な気持ちで仕事を選ばず、本当に幸せになるためにはどうあるべきかを考えて仕事を探した方がいい。

私のように、普通のサラリーマンになり、そこそこの幸せをつかむような人生をみなさんには歩んでほしくないからである。

 

とまあ、冗談はさておき、今回紹介したいのは好きなことを仕事にした男

 

HIKAKIN

 

だ。

もはや説明不要の人気ユーチューバーである。

 

そんなHIKAKINのあれこれについて調べてみたので、チェケラ。

 
スポンサーリンク




ヒカキンのプロフィール~まさか本名がひかきんじゃないよね?てか年齢いくつ?~

出典:http://www.uuum.jp/

本名:開發 光(かいほつ ひかる)

生年月日:1989421

出身:新潟県

 

まず初めに言いたいのは

 

かわった苗字だなぁ

 

である。

 

HIKAKINという芸名よりも、この苗字のほうがインパクトが強い。

 

そして、なぜHIKAKINというのかというと、高校時代までスキージャンプをしており、その時の仲間内でのあだ名が「ひかる」から「ひかきん」になったのがきっかけだそうだ。

 

さらっと言ったが、彼はスキージャンパーだったのである。

 

ちなみに、あの高梨沙羅(さら)選手とは幼少時一緒に練習をしていたらしい。

 

これもさらっと言ってみた。

 

・・・

 

話は変わるが、ヒカキンは地元新潟の高校を卒業後、上京してスーパーで働いていた。

そんなある日、アメリカのトップユーチューバー「ミシェル・ファン」の講演を聞いたことをきっかけに、Youtubeでいけんじゃね?』と思い立ったのがことの始まりらしい。

もともと高校時代からボイスパーカッションの動画をYoutubeにアップロードをしていたらしいが、一気のその名を世間に知らしめたのが2010年にアップロードした『Super Mario Beatboxだ。

誰もが知っているマリオのゲーム内での音楽を、コミカルなビートボックスで奏でた動画で、まだ当時日本でそこまでビートボクサーがブイブイいわせていなかったこともあり、彼の動画は一気に再生回数をあげた。

 

また、タイトルを英語にしていたことも功を奏した。

それによって、海外からも多くの視聴者を獲得することができただけではなく、アメリカのCBCニュースでも取り上げられ、2010年度の「Youtube世界ベストパートナートップ500」に選ばれ、しまいには「WOWスタープロジェクト2010」で優勝しラスベガスに招待されたのだ。

 

とにかくなんの賞なのかまったくもってわからないが、とにかくすげえのだ。

欧米人から評価されるということは、何にも代えがたい名誉だからである。

 

それだけにとどまらず、あのエアロスミスNE-YOアリアナ・グランデと共演しているというのだ。

一応言っておくが、彼はミュージシャンでもダンサーでもない。

 

Youtuberだ。

 

まさか彼もこの辺と共演するとは夢にも思っていなかったであろう。

 

そして、ヒューマンビートボックスの動画をきっかけに、ゲームの実況動画や商品の紹介動画など様々な動画をアップロードし、今では一日に何万人もの視聴者を獲得する人気者となったのだ。 
スポンサーリンク



ヒカキンの収入(年収)って?youtubeって稼げるの?

 

Youtubeは、再生されるごとにその動画をあげた人にお金が入ってくる構造になっている。

諸説あるが、1回再生されるごとに0.1とも言われているが、どうやらYoutuberはランク付けをされており、その順位によってその単価も変わってくるそうだ。

ちなみにHIKAKINクラスにもなると、その単価は0.5円~1ほどではないかとも言われている。

 

ちなみにヒカキンは毎日動画をアップロードしており、それらの再生回数は200300万回ほど。

仮に300万回と置き、1回あたりに入ってくるお金を0.1円とすると

 

3000000 × 0.1 = 300000

 

つまり一日に30万円も稼いでいるのある。

 

日給30万円。

 

なんて夢のある職業なのであろうか。

年に換算すると約1億円であるから、驚きだ。

 

その他にも、商品紹介を行う中で企業からもらう広告料や、本の印税、所属事務所の顧問料、その他メディアへの出演料などなどを考えても、彼の収入はざっと2~3億はくだらないだろう。

 

Youtubeには夢がつまっている・・・。  

ヒカキンの彼女は?結婚とかしているの?

 

こんだけお金があれば、そりゃもう女をとっかえひっかえし、日々女をはべらかせているのではないかと思われるが(そう思うよね?)、実際のところどうなのか。

 

そんなに浮いた話は聞いたことはないが、彼の動画にたまに出てくる『ミレイ』という女性が彼女では?との噂がたっている。

 

しかし、Twitter上ではこのことを否定しており、おおやけに彼女がいるという情報は流れてはいない。

 

ただ、ここまで有名になってしまった代償なのか、ネット上には根も葉もない噂ががたくさん流れている。

 

Twitterでかわいい子にばかり返信しているだとか、女子高生を喰いまくっているだとか、どれもこれもしょうもないことばかりだ。

 

もしこれらが本当ならば、TwitterFacebookなどのなにかしらのSNSで被害者が何かしら情報を発信するなどしているのではなかろうか。

『うぇーん。HIKAKINに遊ばれたよお~(・。)

みたいな。

 

・・・ないか?  
スポンサーリンク



セイキン?なんかヒカキンと名前が似ているなぁ・・・

出典:citydiver.net 

レイザーラモンRGのことは皆さんご存知であろうか。

相方のレイザーラモンHGが大ブレークした際に、その人気に便乗して同じようなキャラ設定にし、『リアルゲイだからRGでーす!』と2秒でわかる嘘をついて厚かましくお金を稼いでいた人である。

 

今でこそ立場が逆転し、正直RGは面白いが、当時は「なんなんだ?こいつは」と世間は思ったことであろう。

もしくは、あまりの潔さに、これはこれで有かもと思われたのかもしれない。

 

出典:http://xn--h9j4axdc40dcb.net/

なぜこんな話をしたのかというと、HIKAKIN実の兄も、あろうことか弟と同じくYoutuberとして活動しているからだ。

HIKAKINが人気になった後に、その後を追うようにというか、HIKAKINが敷いたレールの上をするすると歩いてやってきたという印象だ。

あげている動画の内容もHIKAKINと酷似しており、あまりオリジナリティを感じない。

 

そして何より、その名前であるが

 

SEKIN

 

である。

 

 

これRGとおんなじ手法やん!

 

と世の中のハードゲイの方たちが思ったかどうかは知らないが、まあとにかくこんな稼ぎ方

 

許せねえ

 

というのが世の中のサラリーマンの心の叫びであろう。もちろん私もである。

 

でもまあ、これもある種運であり、優れた弟にうまいことのっかることができたのも才能があったからなせることなのかもしれない。

ああいった動画を作成することは、センスも必要であるし、単純に動画を作成するというスキルも必要である。

そういった要素がセイキンさんにはあったのだろう。

 

うん。そういう納得の仕方をしないと、今夜は眠れそうにない。

 

 
スポンサーリンク



ヒカキンのボイパ動画見たことある?まじやべえって!

 

出典:https://twitter.com/

ヒカキンを今の地位まで押し上げたその根本は、ヒューマンビートボックス・ボイパ動画である。

私は個人的にヒカキンのことは好きなのであるが、その理由の一つとしてこういった確かな技術を持っている点だ。

 

よくわけのわからんノリだけではしゃいでお金を稼いでいる人を見ると、まじめにこつこつ生きているこっちからすると、はらわたが煮えくりかえってもうパソコンをぶち壊しそうになる。

しかしヒカキンの場合は、ベースに「ボイパ」「ヒューマンビートボックス」があるため、それらが彼を特別たらしめる要因となっているように感じる。

 

彼がアップロードしているものは、主にレッスン用の動画であったり、同じヒューマンビートボクサーとコラボしている動画などであり、興味のある人からしたら繰り返し見たくなるようなものである。

特にレッスン系は何度も繰り返し見て練習するため、だいぶ再生回数を稼ぐことができるのではなかろうか。

 

ただ、個人的に好きな動画はパフォーマンスをしている動画である。

  

参考に、Youtube FanFest Japan 2014の動画を見てほしい。

 

商品紹介やゲームの動画でみせる、なんてない人物とは様変わりし、一人のパフォーマーとして観客を魅了している。

私自身彼の技術が凄いのかどうかはよくわからないし、他のヒューマンビートボクサーの方が実際うまいのかもしれない。

 

ただこれだけは言えるのは、彼はとてつもなく多くの人を彼自身の技術で魅了し、惹きつけているということ。

この事実は覆ることのないことであり、彼が素晴らしい技術を持った人物であるということを証明しているのだと思う。

 

 

そして最後に、この動画で最も注目してほしいのが、司会者。

 

 

え、ショーンKやん!!

 

 

正直動画の途中からヒカキンの奏でるメロディは耳に入ってこず、まだ健在のころのショーンKの雄姿を早く見たいというはやる気持ちが動画を早送りさせてしまった。

 

そして最後、ヒカキンとショーンKが会話をしているシーンをかじりつくようにみて・・・

 

 

って、これクリスペプラーやんか!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です