葉室麟(はむろりん)の経歴や本名、おすすめ本は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作家の葉室麟(はむろりん)さん。

2017年12月23日、亡くなられたとの事。

ご冥福をお祈りすると共に、どんな方なのか調べてみました。

葉室麟(はむろりん)の経歴や受賞歴!本名は?

生年月日:1951年1月25日

年齢:66歳

出身:福岡県北九州市小倉

学歴:西南学院大学卒業

葉室麟さん、本名は本畑雄士さん。

地方紙記者や民法ラジオ局ニュースデスクなどを経て、2004年『乾山晩愁』という元禄時代を舞台にした歴史文学賞を受賞して、作家デビュー。

その後、2007年『銀漢の賦』で松本清張賞、2012年『蜩ノ記』で直木賞、2016年『鬼神の如く』で司馬遼太郎賞を受賞と数々の大作を受賞しています。

2017年には50冊目の著書となる『墨龍賦』を刊行。

他の著書に『いのちなりけり』『秋月記』『橘花抄』『春風伝』『この君なくば』『津軽双花』『日本人の肖像』などがあります。

このように、歴史小説を中心に大活躍された葉室麟さんですが、歴史・時代小説を書き始めたのは50歳の事だったそうです。

何歳になっても、新たなチャレンジが出来る、そして成功できるんだという勇気を貰ったような気がします。

葉室麟のおすすめ本は?

蒼天見ゆ

天翔ける

蜩ノ記

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です