筒香嘉智の双子の姉、彼女、年俸、応援歌などまとめてみた【情熱大陸】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の宝と言われて、誰を思い浮かべるだろうか。

 

ゆずか。

出典:http://shyglance.web.fc2.com/2006/76/pg02.html

や、中村俊輔か。

出典:http://blog.livedoor.jp/soccerkusoyarou/archives/1834978.html

はたまた、近藤真彦か。

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=B3kO4evQob4

様々な人を思い浮かべることができるだろうが、私はこの言葉が似あう人は、この人しかいないと思う。

 

横浜DeNAベイスターズ 筒香嘉智

 

弱小球団ベイスターズを、昨シーズン11年ぶりのAクラスへと引き上げた立役者である。

 

横浜の4番から、今や日本の4番。

来シーズン、横浜だけではなく日本も盛り上げてくれること間違いなしのこの男が、2017226日の情熱大陸に出演するということで、いろいろと気になったことをまとめてみた。
スポンサーリンク




筒香嘉智のwiki風プロフィール&経歴

 

出典:http://tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/374420/attachment/筒香嘉智-2

生年月日:19911126

出身:和歌山県

高校:横浜高校

ポジション:左翼手、三塁手、一塁手

 

関西で生まれた筒香嘉智は、中学まで関西で野球をしていた。

その時所属していたチームが、「堺ビッグボーイズ」で、最近で言うと西武ライオンズの森友哉選手もここのOBなんだとか。

筒香は中学でもその打棒をいかんなく発揮し、その後関西の強豪校からの誘いもあったが、神奈川の横浜高校へと進学した。

 

その決め手になったのが、あの松坂大輔がいたときの横浜高校とPL学園の熱闘を見たことらしい。

 

出典:http://pep1122.com/archives/2442

そして高校時代も、1年生の時から4番を務め、2年の夏には甲子園に出場。ベスト4進出を果たすなど、その力を十分に発揮した。

3年次は惜しくも甲子園出場はならなかったが、あの激戦区神奈川でしのぎを削り、その名を全国に轟かせることとなった。

 

そして、高校卒業後は横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)からドラフト1指名を受け、プロの門をたたくこととなった。

 

 

まあここまで見てもらってわかると思うが、筒香は

 

野球エリート

 

なのだ。

いわゆるわれわれサラリーマンから見ると、投資銀行や総合商社や大手広告代理店などのような人と同じである。

 

そう考えると、なんか、嫌な感じだ・・・。
スポンサーリンク



筒香嘉智の成績、年俸、評価は??

 

出典:http://ameblo.jp/yb-dj/entry-10486849544.html

プロ入り後の成績はどうだったのか。

最初の2年間は主に2軍。

しかし、2軍ではやることがないといってもいいほどの大活躍だった。

そして3年目に満を持して1軍に定着。

二桁本塁打(10本)は記録したものの、打率.218と伸び悩み、完全にレギュラーを手中に収めることができないでシーズンが終わった。

4年目は、トニ・ブランコや中村紀洋などのレギュラー陣を崩すことができず、本塁打1本というふがいないシーズンになってしまった。

 

そして勝負の5年目。筒香はオープン戦で好調を維持し、見事開幕スタメンを勝ち取った。

その後、ケガもあったが、ブランコ・中村の離脱などもあり、チームの主軸をつとめあげ、終わってみれば打率.300 22本塁打 77打点の好成績をおさめた。

この年で1600万円から4600万円へ大幅増。

6年目、他チームからのマークが厳しくなる中、前年を上回る成績(打率.317 24本塁打 93打点)をたたき出した。

この年も、さらに年俸がアップしついに大台の1億円

そして7年目の昨シーズン、その才能は一段と花開き、打率.322 44本塁打 110打点とさらに成績を上げてきた。

そして、この年はなんと年俸3億円へと大幅増。

 

普通は、活躍すると翌年マークが厳しくなり、成績が下がるものだ。

しかし、筒香の場合は下がるどころか、2014年から毎年成績を上げてきている。

それは彼が毎年毎年、他球団のスコアラーから研究されていること以上の対策を行い、弱点をつぶしていっているからなのだろう。情熱大陸で取り上げられていたのは、重心の位置や目の動きの研究だった。政治や日本の今についても考えるという。

 

彼は、才能があるだけではない。

その才能を枯らさないだけの惜しみない努力を行える人なのだ。

唯一のリフレッシュは2週間に一度、1300円で散髪をすることくらいという程である。

 

本当に年下ながら頭が下がる。

 

しかし、なぜ私がここまで筒香嘉智のことをべた褒めするのか。

 

それは、私は

 

大大大ベイスターズファン

 

だからである。

もう、そうなったら無条件で彼のことを崇め奉る以外に道はないのだ。 
スポンサーリンク



筒香嘉智は双子だった?姉や彼女、結婚は?? 

そんな筒香、実は双子なのだ。

そして、そのもう一人はお姉さんらしい。

あの筒香の感じから、お姉さんか・・・。あまり、想像ができない。

出典:http://nanjde.blog.jp/archives/57092124.html

ちなみに2卵生なのであまり似ていないらしい。

とりあえず安心した。

 

 

そして気になる彼女や結婚に関してだが、具体的な情報は何もない。

元々練習の虫で、高校時代から愚直に野球をやってきた男なので、プロに入っても浮いた話はないようだ。

 

ただ、今や年俸3億円なのだから、変な虫がつかないように気を付けてほしいものである。
スポンサーリンク



筒香嘉智の応援歌や登場曲は?? 

人気プロ野球選手にもなると、打席に入る際その選手専用の応援歌を演奏してもらえる。

 

筒香も、もちろん専用応援歌がある。

 

横浜ファンだからとか、筒香を応援しているからだとか、そういった個人的な感情を抜きにして、冷静に、客観的に筒香の応援歌の感想を言うと

 

 

めちゃめちゃかっこいい!!

 

 

重厚期待感を持たせてくれる前奏。

リズミカル爆発力のあるトランペット。

横浜ファンの心を奮い立たせてくれる歌詞。

 

どれをとっても、日本一の応援歌と言っても過言ではない!

そんな、筒香の”日本一の”応援歌がこちらだ。

 

ちなみに、筒香以外の選手でどんな応援歌があるのか。

数名の歌詞をご紹介しよう。

 

 

右投げ左打ち

実家はヒノキ風呂

リフォームリフォーム

片岡篤史

出典:http://mikarin1215.com/supo-tu/yakyu/5107/ 

 

上から読んでもスミス

下から読んでもスミス

どこから読んでもスミス

レッツゴーレッツゴースミス

 

出典:http://htaro.blog2.fc2.com/blog-entry-31.html

 

純!

純!

純!純!純!純!純!

かっ飛ばせ!井上!

純!

 

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/bbschool/diary/201301280000/

 

とりあえず、

筒香、よかったなー・・・。
スポンサーリンク



筒香嘉智のフォーム、ホームランがいかつい! 

筒香と言えば、あのどっしりとした構えから放たれる美しいホームランではなかろうか。

出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/825533 

そんな筒香のホームランに関して、私の記憶に残っている昨シーズンの素晴らしいホームランをいくつか紹介したい。

➀2016年615日 vs日本ハム

02で迎えた9回裏。2アウトランナー1塁で対する投手は守護神増井

2ストライクと追い込まれ、もはや絶体絶命。

そこで増井が投じた外角高めの速球を逆らわずにレフト方向へ流し、起死回生の同点ホームランとなった。

 

②2016年722日 vs巨人

22で迎えた延長12回裏。マウンドには左腕の山口

この日すでに1本ホームランを打っていた筒香は、ここでも何かやってくれるんじゃないかと思わせるような雰囲気を持っていたのを今でも覚えている。

フルカウントから投じた内角低めの直球を、弾丸ライナーでライトスタンドに突き刺し、チームに勝利をもたらした。

しかもこのホームランで、史上初の3試合連続マルチホームランという大記録も達成した。

③2016年923日 vs巨人

この日ですでに、「本塁打1位・打点1位・得点圏打率1位・塁打数1位・長打率1位」というハマのDHC状態だった筒香。

45で迎えた7回。2アウト満塁で迎えた絶好のチャンスで、宮國投手が投じた低めにゆるく落ちる変化球を完ぺきにとらえ、打球は巨人ファンが待つ右中間スタンドへ吸い込まれた。

このときはさすがに

 

気持ちよかったぁああああ・・・

 

 

このように筒香は、ただ馬鹿みたいにホームランを打つのではなく、ここぞという場面でのホームランが多いのだ。

まさに4番。

この③のホームランを打った時、「筒香が教祖の宗教あったら、入信しますわ。」と思わず出家宣言をしてしまうほどであった。

 

2017年シーズンも、私の信心深さに磨きをかけてほしいものである。

※ちなみに本当に出家してしまった清水富美加さんに関する記事はこちらである。

(参考:清水富美加ロス続出?千眼美子へ改名、暴露本などについてまとめてみた

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です