ラリーエリソンは京都好き!日本庭園まで所有!オラクルCEOの年収、資産、名言もご紹介!【世界7番目のお金持ち】

あなたは、オラクルという会社をご存知でしょうか?

SEやプログラマーにはなじみ深い会社ですよね。

世界トップシェアを誇るデータベースシステムを持ち、マイクロソフトに次ぐ第二位のソフトウェア会社、それがオラクルです。

今回はそうした大企業を作り上げた男、ラリーエリソンの経歴と、その資産や年収をご紹介してきます。
スポンサーリンク




ラリーエリソン(オラクルCEO)の波乱万丈な経歴。そのプロフィールは異色だらけ!

lawrence-j-ellison

出典:https://kigyotv.jp/

ラリーエリソンは、1944年にニューヨークで生まれます。

第二次世界大戦の終戦前年ですね。

ですが、ラリーエリソンの両親はこの時、まだ未成年でした。

その為、なんと生まれて9か月で両親の元を離れ、そして養子に出されてしまいます。

まるでドラマのような展開でラリーエリソンの経歴は始まったのです。

養子に出された先では、非常に愛情深い母と、それとは逆に厳格な父の元で育てられました。

負けん気の強かった幼いエリソンは、よく父と衝突したといいます。

ですが、人を育てる時には、飴と鞭が重要とよく言われます。

甘やかすだけではなく、かつ厳しいだけでもない、そうした環境がラリーエリソンをまっすぐに成長させたのでしょう。

成績は非常に優秀でした。

アメリカにおいて一流大学と言われるイリノイ大学では、なんと科学部門における年間最優秀生徒を獲得しています。

ですが、ここから少しずつ、経歴に暗雲が立ち込めていきます。

まず、大学二年生の時に養母が他界すると一気にふさぎ込んでしまい、遂には大学を中退してしまいます。

絶妙なバランスを保ちながら続いていた環境が崩れてしまった結果、心のよりどころがなくなってしまったのでしょう。

その翌年にはシカゴ大学へと入学するのですが、この時も長くは続かず、わずか三か月で再度退学してしまいます。

これには父も説得を試みたそうですが、ラリーエリソンの心を動かす事はできませんでした。

xlmuhktsj1

ですが、この時のラリーエリソンの心には、既に拠り所となりはじめていた存在があったのです。

それがコンピュータです。

ただ、この時はまだ、コンピュータで本格的に仕事をするまでには至りませんでした。

その後、およそ10年間は特筆した成果を出すこともなく、時を過ごします。

というよりも、定職に就くことなく過ごしていました。

頭はいいものの、本当に熱意をもって取り組めることがなく、どこか漫然と日々を過ごしていたのです。

もちろん、時には熱中できることは在りました。

その一つが航海です。

ヨットを買って雄大な海に出たい。

広く大きな海の魅力に取りつかれた結婚していたエリソンは奥さんにその事を伝えると、ばかげていると一蹴、そして、見事に離婚を突きつけられてしまうのです。

その後も、いまいち仕事に熱意をもって取り組むことができなかったエリソンは、一念発起、自分で会社を立ち上げることになります。

優秀な人材にも恵まれ、当時不可能と言われていリレーショナルデータベースというシステムを開発します。

そして、見事に巨額の富を手にすることになるのです。

こうしてビジネスでは成功を収めていったラリーエリソンでしたが、その一方で私生活は順風満帆とは言えませんでした。

なんと、生涯で4度結婚、そして4度の離婚を経験しているのです。

ラリーエリソンは非常に優秀な頭脳を持っている反面、幼少期の頃から感情の機微が大きい性格だったようです

それゆえ、養母がなくなった際に大きく取り乱し、また熱中できないと定職になかなかつくことができなかったのでしょう。

ですが、だからこそ熱中できるものを見つけた時の熱量に、常人では理解できないような結果を生み出すことができたのかもしれません。
スポンサーリンク



ラリーエリソン(オラクルCEO)は親日家!京都に家を購入、アメリカの家にも日本庭園を設置!

24584_1524_05fb45b2e6d81edfc5c4f1987bb46aae

出典:http://news.livedoor.com/

ラリーエリソンは、大の親日家としても知られています。

まず初めに紹介するのはラリーエリソンが保有するヨットの名前です。

20代の頃に熱中した航海ですが、長じてからもさらにそれに磨きがかかり、その熱意はヨットの大会にも参加するほどの入れようです。

そして、そのヨットの名前が「サヨナラ号」、そして「ライジングサン」。

何とも日本の匂いがする名前に思わずむずがゆくなります。

また、日本の京都にも家を持っているのですが、ラリーエリソンはとあるインタビューの中で

「京都に忍者屋敷のような家を建てたんだ」と語っているのです。

更に更に、日本のみならずアメリカに所有する家にも、日本の伝統が取り入れられています。

なんと、カリフォルニアにあるその豪邸には、瓦があり、縁側があり、そして日本庭園風の庭がありと何とも風光明媚な光景が広がっています。

日本の別荘だけではなく、地元アメリカにも日本の伝統を取り入れるこの親日家っぷり。

もしかすると、日本人以上に和の心を持っているといえるのかもしれません。

20160522a01

出典:https://hobbytimes.jp/

また、親日家といえば故スティーブ・ジョブズ氏も親日家として禅の心をこよなく愛していたことはよく知られています。

そう考えると、改めて日本の良さを見直すことで、優れたアイディアを生み出すきっかけになるかもしれませんね!
スポンサーリンク



ラリーエリソン(オラクルCEO)の年収や資産について

shutterstock_152105888

さて、それでは気になる年収と資産ですが、これには二つの意味で驚くような数字になっています。

まずは資産から見ていきましょう。

マイクロソフトに次ぐ企業を作り上げたラリーエリソン。

なんと、その合計額はなんと4.9兆円と言われています!

日本トップの柳井正さんが1.8兆円ですから、もはや想像を絶する金額ですよね。

ちなみにこの額は世界第7位!!

まさに世界トップクラスの大富豪と呼べそうですね。

さて、それではその年収はいくらなのでしょうか。

これも気になりますよね。

実は結構衝撃的な金額になっています。

その額なんと。

100円です!!!!

1億円ではありません。

また、100万ドルでもありません。

1ドル、およそ100円なのです。

実はアメリカでは、ビジネス界の大物が年収を1ドルにしている事が珍しくありません。

フェイスブック創業者のマークザッカーバーグやグーグル創業者のラリー・ペイジも年収を1ドルに設定しています。

ここまでくると、一つのステータスのようなものなのかもしれませんね。

ラリーエリソン(オラクルCEO)とトランプ大統領のグループ対談

cedcd0e1-s

さて、2017年1月に大統領に就任したドナルド・トランプ氏。

日本では孫正義氏が会談したことで話題になりましたが、オラクルのトップもトランプ大統領と会談を行っております。

(ラリーエリソンは既にCEOから退任しているので不参加)

行われたのは、2016年12月14日。

まだ大統領に就任する前のトランプ氏が、グーグルやアップルといったアメリカの大手IT企業のトップを集めて合同の対談を行ったのです。

選挙中、トランプはIT企業を名指しで批判したこともありました。

ですが、アメリカという国を今後発展させていくためにはIT企業の協力は必要不可欠という事でしょう。

今後、どのように関係性を持っていくのかは注目です。

ラリーエリソン(オラクルCEO) 名言

経歴 名言

それでは続いては、世界第7位の大富豪が贈る名言です。

今回はこちらを紹介したいと思います。

『新しい技術への挑戦というリスクを取らない方がリスクは大きい。この世界では、何もしないことが一番大きなリスクになる。』

出典:http://www.a-inquiry.com

日々進化、深化していく時代の中で、新たなことに挑戦しないという事は、それだけで後退している事と同義なんですよね。

そして後退することは失敗へと続く一番の近道でもあります。

だからこそ、新しい事に挑戦し続けることで成功をつかみに行く必要があるのでしょう。

また、ここでいう新しい技術への挑戦というのは、何も世界的に見て革新的なものでなくてもよいと思っています。

既に世の中では生まれているものでも、自分の中で中で新たな技術であれば積極的に取り入れていくべきでしょう。

そうして前に前に進んでいけば、いつしか世の中の最新にたどり着き、そして追い越していくのでしょう。

まとめ

プロフィール

いかがでしたでしょうか?

世界第7位の大富豪にして大の親日家、ラリーエリソンでした。

彼の本質は、自分がやりたい事に取り組む事の大切さを教えてくれているように思います。

今、あなたが本当に熱中して取り組みたいことは何でしょうか?

それを意識するだけでも、これからの人生が変わってくるかもしれません。

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です