がっちりマンデー!!日本酒「獺祭(だっさい)」の意味や種類、チョコも!【旭酒造社長出演】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、一気に有名&人気になった日本酒と言えば??

そう、「獺祭(だっさい)」でしょう。

2017年7月16日の「がっちりマンデー!!」では、

獺祭(だっさい)とそれを作っている、

旭酒造株式会社が取り上げられています。

個人的に獺祭の意味や作り方などを調べてみました♪
スポンサーリンク



獺祭(だっさい)とは?どんな日本酒?言葉の意味は?

出典:https://www.asahishuzo.ne.jp/

まずは!

いまさら聞けない!?

「獺祭(だっさい)って何!?」

について調べてみました。

ここ最近、一気に有名になってきている獺祭(だっさい)。

あなたも名前を聞いた事はあるでしょう。

飲んだこともあるかもしれませんね。

ですが、知っていますか?

獺祭(だっさい)とはどんな日本酒で、

獺祭(だっさい)という言葉の意味は何なのか。

「獺祭」とは、獺祭を作っている旭酒造株式会社の

「所在地の地名の一文字+祭という漢字」でした。

旭酒造株式会社の住所はコチラ。

⇒ 山口県岩国市周東町越2167-4

ちなみに、「獺越」は「おそごえ」と読むそうです。

難しい漢字、読み方!

また、「獺」というのはカワウソの事らしいです。

「川上村にいた獺(カワウソ)が、

子供を化かして追い越してきた村」

というのが「獺越」という地名の所以と言われているそうです。

そして、獺祭の言葉の意味は、

「獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、

詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事」を指しているんだとか。

個人的には獺(カワウソ)を見たことが一度もないので、

少しイメージはしずらかった。

というのが本音ですね。
スポンサーリンク



獺祭(だっさい)を作っている旭酒造ってどんな会社?

shisan

さて、今大人気の日本酒「獺祭(だっさい)」。

これを作っているのが旭酒造株式会社です。

さきほどご紹介した通り、山口県にある会社。

どうやらかな〜りガッチリ儲かっているそうです!笑

獺祭(だっさい)の売上は右肩上がりで上昇中!

現在、その売上は年間108億円にも登るそうです。

他にも色々な商品を扱っているのかと思いきや、

商品は獺祭(だっさい)のみ。

男気あふれる1本勝負です。

ただ、本当に美味しいもの。

本当に価値あるものを提供している企業、人は

何か一本に絞って取り組まれているケースが多いような気もします。

エッセンシャル思考という本でも、

やるべきことを1つに絞ることが成功の秘訣だ、

みたいな事が書いてありましたね。
スポンサーリンク



獺祭(だっさい)の種類は?有名なのは二割三分

続いて獺祭(だっさい)の種類。

沢山あるみたいですが、二割三分が王道のようです。

獺祭 磨き その先へ

もっとも高級な「獺祭」が、

「磨き その先へ」です。

お値段720mlで3万超えの高級日本酒ですね。

獺祭(だっさい)のチョコって美味しいの?」

Google検索をしていたら、

獺祭(だっさい)と一緒に検索されている言葉で

気になるものがあった。

それが、「獺祭 チョコ」

堂島のクリームショコラをはじめ、

複数社とコラボ商品を出している獺祭の旭酒造。

チョコとのコラボもあったみたいだ。

それがコチラ。

※2017/07/19追記

獺祭ショコラリミテッドの方がお買い求めやすいみたいです。

一体、どんな味がするのでしょう??

洋酒+チョコの組み合わせはありますが、

日本酒+チョコの組み合わせは食べた事がありませんね。

さて、いかがでしたでしょうか。

飲まれた事が無い方には、手頃な価格のもので良いので

是非、一度オススメしたいお酒ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメント

  1. 栗田 勝己 より:

    10年程前、広島に住んでいた時、山口県の知り合いより頂いたお酒が、獺祭でした。
    それまで、日本酒は新潟のお酒が1番だと思っていましたので、獺祭を飲んで驚きました。
    TVを見て、感動したのを思い出しました。

    • sho より:

      粟田さん、コメントありがとうございます。

      同じく長らく、日本酒=新潟のイメージでした。
      はじめて獺祭を飲んだ時は衝撃的でした。

      それ以来、獺祭を飲んだ事が無いという方には
      良くオススメしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です