アルワリードビンタラール王子のwiki風プロフ!年収や資産、2016年投資家資産ランキング3位になった男の素顔とは!?

二年で300万円を1500億円にした男がいると聞いたら、あなたはどんな反応をしますか?

もしかしたら、そんな話は誰も信じないかもしれません。

でも、これは本当の話なんです。

その男の名は、アルワリードビンタラール王子。

王子からも分かる通り、サウジアラビア国王の一族であり、現国王の甥にあたる人物です。

熱心な慈善家としてもしられるアルワリードビンタラール王子をご紹介します。
スポンサーリンク




アルワリードビンタラール王子のwiki風プロフィール、経歴

出典:http://commonpost.info/?p=114056

アルワリードビンタラール王子は、1955年3月にサウジアラビアで生まれます。

本名はアル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール・サウード

サウジアラビアにおける王家の一つ、サウード家に生まれます。

サウード家は現在のサウジアラビアの国王である、サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズの一族になります。

王族なんだからお金持ってて当たり前だし、人生イージーモードじゃないかと思いきや、

アルワリードビンタラール王子は少し変わった経歴を持っています。

まず、サウジアラビアの学校を出た後、アメリカに留学してそこで勉強に励みます。

そして帰国後に起業をするのですが、初めの資金はわずか300万円でした。

念のために再度伝えておきますが、アルワリードビンタラール王子は王族です。

でも、初期の資金は300万円です。

思いのほか少ないですよね汗

しかも、この300万円もわずか3か月で底をついてしまいます。

意外に事業センスがないのか…と思ってしまいますが、この後さらに3000万円を

追加で借り入れる事に成功したアルワリードビンタラール王子は、快進撃を続けていきます。

まず、自身が卒業したリャド士官学校の独身寮新築請負工事を受注、見事成功させます。

そして、次々に公共行事を受注していったアルワリードビンタラール王子は、

なんと二年後には1500億円を売り上げる規模の企業に成長させてしまうのです。

ただ、この成功の裏側にはやはり、王子であるという肩書が大きな要因があるようです。

公共事業で成功した後、アルワリードビンタラール王子は投資事業に精を出し始めます。

サウジアラビアでは、外国の企業が事業を行う際、サウジアラビア人がスポンサーとなり、

そのスポンサーの名義で事業の許認可をとらなければいけないという決まりがあります。

アルワリードビンタラール王子は、そのスポンサーに、次々となっていくのです。

いわば、今後の成長が期待できそうな企業に投資をしていくのですね。

そしてこれが大当たりしていきます。

アルワリードビンタラール王子がスポンサーになったのは、

シティグループやウォルトディズニー、そしてアップルなどの錚々たる企業。

それらのスポンサーとなり、積極的な投資を行った結果、今やアメリカでも注目を集める、

世界屈指の投資家として成功を収める事になるのです。

数々の企業のスポンサーになれたのは、王族という肩書があった事は否めません。

ですが成功をつかむことができたのは、一日10時間以上働き、早朝アポも辞さない姿勢に、

世界を代表する企業のビジネスマンも共感したからです。

やはり、一流は一流を知る、という事なのでしょう。

王族生まれという事で、人生イージーモードじゃないかと少し悪態をつきたくなります。

ただ、肩書があってもビジネスを見る目や努力がなければ成功は収められないもの。

確かに生まれた場所の幸運はあるかもしれませんが、その後の成功をつかみ取ったのは、

アルワリードビンタラール王子自身の努力と才覚にあったと言えるのでしょう。

スポンサーリンク



アルワリードビンタラール王子の年収や資産は?投資家資産ランキングの2016年版は見事…!

出典:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3745.php

サウジアラビアのウォーレンバフェットとも言われるアルワリードビンタラール王子。

その年収や資産も気になるところですよね。

実はアルワリードビンタラール王子、2006年には世界第三位の大富豪として、

アメリカフォーブス氏に紹介されています。

その後、IT企業の大きな躍進によって順位を落としていますが、

それでもその総資産は2兆7100億円とも言われる大金を保有しています。

また2016年の投資家資産ランキングでは、世界に名だたる投資家の中で

第三位に位置しており、投資家として世界屈指の実力者と言えそうです。

年収に関しては公表されていませんが、世界規模の総資産を保有し、

しかも投資で収益を得ているアルワリードビンタラール王子です。

きっと、その額も数億円に達するのかもしれません。

アルワリードビンタラール王子とトランプ、twitter(ツイッター)に大喧嘩を起こす!?

出典:http://jp.ibtimes.com/articles/1620001

アルワリードビンタラール王子といえば、アメリカのトランプ大統領と、

Twitter上で喧嘩をしたことでも有名です。

事の発端は2015年、トランプ大統領が選挙運動中だった時の話です。

元々アメリカ中心の政策を掲げていたトランプ大統領は、選挙期間中、

イスラム教徒のアメリカ入国禁止を政策に掲げていました。

当然、イスラム圏の出身であるアルワリードビンタラール王子はこれに激怒します。

そしてツイッターにおいて、「あなたはアメリカ人の恥である」「大統領選から撤退せよ」

といった発言を繰り返し、これに対してトランプ大統領からも「間抜けな王子」と、

応酬が行われていたのです。

その後、トランプ大統領が入国禁止のメッセージをホームページから削除し、

両者は少しずつ和解の道へと進むことができました。

アメリカ企業のスポンサーにもなっているアルワリードビンタラール王子ですから、

トランプ大統領としてもその人の機嫌を損ねる事は得策ではないと考えたのかもしれません。

宗教上の確執というのは非常にデリケートな問題ですが、

完全な和解が難しくても、玉虫色の解決というのをスマートに行えるといいですよね。

スポンサーリンク



アルワリードビンタラール王子の寄付額は4兆円!?偉大すぎるその行動とは?

出典:http://www.pbcruise.jp/report/72nd/onboard/post_53.html

アルワリードビンタラール王子は、投資だけではなく寄付にも積極的です。

2015年7月、個人資産であるおよそ4兆円のお金を、慈善事業にあてると発表したのです。

その内訳は、地元サウジアラビアにて、毎年1万件の住宅と10万代の車を、

10年間にわたり寄付するというものです。

アルワリードビンタラール王子も、現在60歳を超える年齢になっています。

得てきたお金を地元に還元する事で、国がより豊かになる事を願っているのでしょう。

ふと、日本でもそうした人がでてこないかなぁと、思ってしまいました。

自分がそうなれるようにがんばれという事ですね、はい。

まとめ

出典:http://colorfulnews.info/news/abroad/5500/

生まれながらの大金持ちと思いきや、自らの才覚で世界最高規模の資産を手に入れた、

アルワリードビンタラール王子。

もちろん、生まれながらの強さはあったのでしょうが、それ以上に努力することの大切さを

教えてくれています。

逆にいえば、どんなに今が貧しくでも、努力をすることで逆転も可能という事ですよね。

しっかりと地に足をつけて頑張る事の大切さを、改めて学びました。

スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までご覧いただきありがとうございます!

この下にコメント欄があります。かんたんにコメントできますで、情報交換や交流の場になると嬉しいです。記事の感想や新たな情報などどしどし書き込みお願いします。
(メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも投稿できます。)

※悪質、過度な誹謗中傷コメントは削除する可能性があります。ご了承ください(>_<) まったりと居心地のいいサロンのような交流サイトになれば幸いです!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です