クレイグハミルトンパーカーの2018年の予言内容!世界一の予言者は当たるの?【やりすぎ都市伝説2017年冬】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ2017年も残す所わずか。

「1年があっという間だった。」

「長かった、ようやく1年が終わってくれる。」

あなたにとって今年はどんな1年でしたか?

年末特番が増えてきた2017年12月22日、「やりすぎ都市伝説スペシャル2017冬4時間SP」で放送されるのが、クレイグハミルトンパーカーの2018年の予言内容まとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一当たる予言者「クレイグハミルトンパーカー」の2018年の予言内容【やりすぎ都市伝説2017年冬】

現在、世界一当たる予言者と言われているのが、クレイグハミルトンパーカー。

イギリス人の彼が毎年9月に発表している当たる予言は毎年当たると話題になっています。

過去、「トランプ大統領の当選」「イギリスのEU離脱」「巨大イカの出現」などを的中させてきている事で知られています。

2018年の予言1:北朝鮮崩壊、金正恩がクーデターで失脚!?

2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。経済制裁はまったく効果なく、米国は北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。そして、金正恩は中国に亡命する。
出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

まずは、北朝鮮に関する予言。

北朝鮮と言えば、2017年は親日家としても知られた、金正男さんの悲報がありましたね。

それにしても、アメリカが鉄道爆破とは、1つ目にしてかなり物騒な内容です。

もし、爆撃でもしたらアメリカvs北朝鮮で戦争が勃発するのでしょうか。

そうなると、日本への支援が求められる事は間違い無さそうです。

現在、2017年12月なので、予言されているタイミングまであとわずか。

果たして的中するのでしょうか。

2018年の予言2:日本が兵力拡大、軍備国家へ!?

中国の度重なる挑発により、日本は平和憲法を捨て、米国による支援の下で再軍備を進める。日本は対価を支払い米国のミサイル防衛システムを導入する。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

平和憲法と言う事は、憲法9条ですね。

安倍政権ならば有り得そう、つまり予言が当たりそうで恐いです。

スポンサーリンク



2018年の予言3

中国とインドの関係は緊張し、両軍は何度も衝突する。

この過程で、インドは国境を拡大させる。さらに両国では洪水も起きる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

大国同士のぶつかり合いについてですね。

中国、インドの国境地帯では緊張感が高まっているという情報を夏頃に、ニュースで見た記憶があります。

2018年の予言4

欧州に殺到する難民の数は膨大で、独で極右のデモや暴動が増加する。

それにより、仏独関係が悪化する。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

難民問題は2017年も大きな話題になっていましたよね。

受け入れるべきなのか、受け入れないべきなのか。

2018年の予言5

シリアはロシアとアメリカによって分割され、人の住めないような荒れ地となる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

ここでは、ロシアvsアメリカの構図という事でしょうか。

人の住めない荒れ地、、、

イラク戦争のような激しい争いが繰り広げられてしまうのでしょうか、、、

2018年の予言6

悪性のインフルエンザが全世界で流行する。

このインフルエンザは生物兵器である可能性もある。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

生物兵器って一体、誰が何の目的で。

SF映画の世界のように感じてしまいますが、現代の科学力を持ってすれば生物兵器をばらまくなんて簡単な事なのかもしれませんね。

都市伝説の世界では、地震だって人工的に起こせるという話もありますからね。

2018年の予言7

ウクライナは、ミサイル技術を北朝鮮などに売っていた事実が明らかになり、国際的に非難される。

2017年8月に米誌『ニューズウィーク』は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルのエンジンをウクライナ国営「ユージュマシュ社」から調達した可能性があると報じ、ウクライナ政府は否定したが、その証拠が見つかる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

2018年の予言8

仮想通貨ビットコインの詐欺や、それがテロ組織の資金源として利用されているという実態が明らかになる。

裏にはアメリカの一流会社も絡んでいる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

高騰しまくりでメディアに取り上げられる事も多くなった仮想通貨。

その中でも、最もメジャーなのがビットコイン。

実際、ビットコインに関する詐欺は既に起きつつあります。

テロ組織の資金源になる、という予言は現実的ですね。
スポンサーリンク



2018年の予言9

テロが世界各地で拡大し、多くの先進国はイスラエルと同じような(強硬な)テロへの対抗処置を導入する。欧州のどこかの国の首都(おそらくロンドンかベルリン?)
でドローンによる化学兵器テロが起きる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

ここまでの予言の中では、1番アバウトな感じですね。

ドローンの軍事利用は良く話題に上げられますが、リアルに起こってしまうのは恐い。。

イギリスは最近かなり物騒で、うかつに旅行できないですね。

2018年の予言10

カリブ海で記録的猛威をふるうハリケーンが発生する。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

ここまで政治的な話が多かったので、なんとなく他の人でも予言して当てられそうな気もしましたが、ハリケーンの発生が的中したら凄いですね。

2018年の予言11

カリフォルニアとオーストラリアで山火事が起きる。

出典:http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry_3.html

12月にカルフォルニアで山火事があったばかりなのに、また起きてしまうのでしょうか、、

まとめ 〜世界一当たる予言者「クレイグハミルトンパーカー」の2018年の予言内容は当たるのか?【やりすぎ都市伝説2017年冬】〜

予言というのは、どうして不幸な事、困難な内容が中心なのでしょう。

楽しい未来は予言してくれないものなのでしょうか。

それとも、単純に楽しい未来が待っていないのでしょうか。

どの予言も当たらないで欲しい、デマであって欲しいなと願うばかりです。

予言が当たるか、当たらないか。

信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ココ より:

    山火事、ズレたんちゃうん?

  2. AARON より:

    悪い事しか予言出来ないのかよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です